MENU

20代のスキンケアは基本的なことをしっかりとやろう!未来の自分が喜ぶためにできること

あなたはスキンケアをきちんと行えていますか?

「まだ大丈夫」「30~40代になってからでも何とかなる」

そう考えているあなたは、肌の若さに甘えているだけかもしれません。

肌の曲がり角は20代前半から半ばにかけてやってきます。

20代のうちからきちんとスキンケアを行うことで、曲がり角を上手く乗り切り未来の自分が喜ぶ肌を作っていくことができますよ。

何とかなる、ごまかせるからといって油断してませんか?

正面を見つめる女性

20代、特に20代前半は肌が潤っているため、お手入れが多少おろそかになっていても大丈夫な時期と言えます。

しかし、多少負担をかけても何とかなると思っていたり、ちょっとした肌トラブルならメイクでごまかせると思って油断していると、のちのち大変なことになります。

10代のうちから紫外線についてはケアしている女性が多いかと思いますが、それと同じくらい日頃のスキンケアも気をつけなければいけません。

紫外線と同様に、蓄積された肌へのダメージは30、40代になってから肌へ現れ始めます。

「20代のうちにしっかりとスキンケアしてれば」

と後悔しないためにも、適切なスキンケアを始める時期に早すぎると言うことはないのです。

30代、40代になって差が出始める20代のスキンケア

肌のみずみずしさは、女性ホルモンの正常な分泌やターンオーバーが規則正しく行われることなどで保たれます。

しかし、年齢とともに分泌量の減少・ターンオーバーの遅れが生じるので、年齢を重ねるごとにみずみずしい若い肌をキープすることが難しくなるのです。

こういった肌機能の衰えとともに、紫外線によるダメージの蓄積、間違ったスキンケアによる肌環境の乱れが顔を出し始めます。

それにより、30代、40代になるとシミシワくすみといったトラブルの目立つ年齢肌が生まれてしまうのです。

仕事終わりにはどうしても疲れていてメイクを落とすのが億劫という時もあるでしょう。

しかし、メイクを落とさず一晩過ごすと肌が数歳老けると言われています。

将来、必死になってケアをサボったことによる肌トラブルと戦って時間もお金も浪費するくらいなら、今から20代の肌に適切なスキンケアを始めませんか?

20代のスキンケアはまず基本をしっかりと!

笑顔の女性

危機感をあおるようなことばかりに焦点を当ててきましたが、20代の肌が女性の一生の中でも一番キレイでいられるのもまた事実です。

将来の肌のことをやたらと気にしすぎて20代のみずみずしい肌状態でのメイクやオシャレを楽しめないのでは意味がありません。

なので、20代のスキンケアで一番心がけて欲しいことは、『基本をしっかりと行うこと』です。

高いスキンケアアイテムを無理して使ってお金の面でストレスを溜め込む方がよっぽどお肌に悪いですし、過剰にケアしてしまうことも逆に肌老化の原因となります。

まずは基本に忠実にスキンケアを行うようにしましょう。

目指すのはハリのあるお肌

美肌やスキンケアでよく出てくる『ハリ』とは、みずみずしく弾力のあるピーンと張っている肌の状態を指します。

ハリが失われると年齢を感じさせてしまうほうれい線やしわ、若い女性でも悩んでいる人が多い毛穴の開きを引き起こします。

見た目の印象をガラッと変えてしまうので、いつまでもキレイな状態で肌を保つためにはハリ感を維持し続けることが大切です。

年齢による衰えはもちろん、紫外線や乾燥によるダメージ、間違ったスキンケアによる負担がハリの消失を加速させてしまいます。

20代のスキンケアは、ハリ感を失わせてしまう原因を取り除く・ケアしていくことが大きな目標となっていきます。

クレンジングと洗顔はしっかりと!お肌の汚れはきちんと落とす

肌へとダメージを与えてしまう紫外線や乾燥は、外的環境に左右されてしまうので完全に無くすことはほぼ不可能ですよね。

UVケアや乾燥対策で可能な限り少なくするといった手段が一般的になります。

しかし、日常生活でついてしまった肌への汚れは、きちんとスキンケアすれば取り除くことが可能です。

空気中に漂う汚れや過剰な皮脂、日中のメイクは夜家に帰ってから真っ先に落とす必要があります。

そのためにも、メイク汚れを落とすクレンジングと、肌の汚れや皮脂を落とすための洗顔を適切に行うにしましょう。

ただし、洗浄力のあるクレンジング・洗顔は肌への負担となります。

汚れは落とす、けどやり過ぎて肌を傷つけない。そんなクレンジングと洗顔を心がけてください。

できているかチェック!未来のお肌を守るクレンジング・洗顔方法

では、肌にとって適切なクレンジング・洗顔とはどのような方法なのでしょうか。

チェック項目を用意してみましたので、自分のやり方と比較してみてください。

  • クレンジングと洗顔はそれぞれ1分以内に済ませている
  • クレンジング・洗顔ともに行う時に肌を擦りすぎていないか
  • クレンジング前に手を洗っているか
  • アイメイクなどのポイントメイクは、ベースメイクとは別に落としているか
  • 冷水またはぬるま湯を使っているか

この中でいいえの項目がある場合は、それによって肌へ負担をかけてしまっている可能性があります。

可能な限り優しく、肌を労わるような洗い方を心がけましょう。

スキンケアアイテム選びにもこだわる

あなたはスキンケアアイテムを選ぶ時、何を基準としていますか?

価格だったりテレビでCMがやっていたり、パッケージの文言の惹かれて、友達に勧められてと色々あるかと思います。

しかし、20代の若くみずみずしい肌をキープしながら未来の自分が喜ぶようなスキンケアのためには、自分の肌質に合ったスキンケア選びをすることが大切です。

価格の面は仕方のないことではありますが、テレビCMや友人のプッシュで決めるよりも、スキンケアアイテムに含まれる成分に注意して選ぶようにしましょう。

油分の少ないものを選んで肌をトラブルから守る

20代、特に前半は肌が若いため油分も多くなっています。

そんな油分が豊富な肌に対して油分の多いスキンケアアイテムを使ってしまうと、毛穴の詰まりを引き起こしニキビなど肌トラブルの原因となります。

20代前半のうちは、油分の少ないスキンケアアイテムを選び自分から肌トラブルの原因を作らないようにしましょう。

なお、元々乾燥肌の女性や20代後半になり油分が少なくなってきている女性は、肌の状態をチェックしてどれくらい油分を補うかを決めるといいです。

特に冬は乾燥していて油分による保護が万全でないと肌から水分が失われてしまいます。

冬は乾燥から肌を守るために油分を補うアイテムを、夏は油分の控えめな物を、と使い分けるとより効果的です。

きちんと保湿してハリのある肌へ

ある意味どんな肌質・年齢の女性にとっても間違いのないスキンケアが保湿です。

といっても、洗顔後に化粧水をばしゃばしゃとつければ良いというのもでもありません。

※化粧水のつけ過ぎは、蒸発の際に元々の肌の水分を奪うので逆効果になることも

セラミドやヒアルロン酸など、保湿成分の代名詞とも言えるようなものがしっかりと含まれているようなアイテムを遣うことが大切です。

乾燥肌の人はもちろん、オイリー肌の人もその油分の多さは皮膚の乾燥に起因することもあります。

肌に水分を与え、しっかりと保持し続けてくれるような効果のあるものを使うことでハリのある肌をキープしていくことができますよ。

皮膚の薄いところは入念にケア

肌の曲がり角を迎える20代では、これまでやらなくてもいいやと思っていた部分のケアも重要になってきます。

20代の後半からは女性ホルモンの分泌量も少なくなってくるので、皮脂による肌のバリア機能が低下し水分が失われやすくなります。

乾燥による影響が最も顕著に出るのが目元や口元などの皮膚が薄いところです。

油断しているとシワが薄っすらと見えたり、30代40代になってから肌トラブルに見舞われることも。

毎日でなくてもいいので、週に何回と決めて皮膚の薄い目元口元をピンポイントケア用のスキンケアアイテムで労わってあげてください。

特に目元は人が相手を見る時に視線が行きやすい場所。

20代のうちからケアして、未来のシワを防ぎつつ今のメイクノリもよくしていきましょう。

現代ならでは?目元は負担にさらされている

目元は額や頬といった肌の他の場所と比べて皮膚が何倍も薄くなっています。

それだけでも乾燥や紫外線といった負担を受けやすいのですが、きっちりとしたアイメイクやPC・スマホによる長時間の酷使も目を疲れさせてしまう原因です。

今の世の中、日中はずっとPCで仕事をして、夜はスマホでネットを見たりゲームしたりと24時間のうち寝ている間以外はかな画面に釘付けな人もいるのではないでしょうか。

化粧水・美容液・乳液の後に、アイクリームによるケアを取り入れてみてください。

アイクリームを選ぶポイントとしては、以下があります。

  • 雑菌の入りにくいチューブタイプ
  • 目元に伸ばす時やマッサージする時に刺激の少ない滑らかさ
  • 保湿成分がしっかりしているかどうか


メイクを落とさず寝てしまった!やってしまった時の対処法2選

女性の横顔

20代のうちからスキンケアをしっかりやろうと思っていても、メイクを落とさず寝るといったことはどうしてもやってしまう時がありますよね。

「メイク落とさないといけないのは分かってるけど、疲労と睡魔でそれどころじゃない…」

そんなやってしまった時の状況と対処法を合わせてご紹介していきます。

■とにかく保湿と聞いていたから毎日のようにパックしていたら、肌がゴワゴワしてしまった

A.保湿に気を取られるあまり大前提となる肌への負担が大きくなりすぎてしまったパターンです。

ゴワゴワ感を別のスキンケアで何とかしようとするのではなく、スキンケアで使っているアイテムを減らしたり、頻度を少なくしましょう。

■メイクを落とさず寝落ちしてしまった

A.とにもかくにも起きたらすぐ落とすこと。
いつもより念入りに丁寧にクレンジングをし、パックなどで集中ケアしてあげてください。

10~20年後に後悔しないために必要なのは意識すること

20代のお肌は最もキレイな時期であると同時に、曲がり角を迎えて衰えが始まる時期でもあります。

そんな20代の肌だからこそ肌の状態に合った適切なスキンケアを行うことが大切なのです。

この記事ではそんなスキンケアの情報をいくつかご紹介してきましたが、そんな方法と並んで10~20年後に後悔しないために必要なことがあります。

それが、意識することです。

「30歳になっても20代のような肌をキープしたい」
「将来子どもができた時、子どもにも褒められるような美肌でいたい」

具体的に20代のみずみずしい肌を保つことで得られる未来を意識することで、毎日のスキンケアがより労わるようなやり方になります。

メイクをしたまま寝落ちしそうになった時に起き上がる活力になることも♪

未来の自分が見て触って喜ぶような肌を、日々のスキンケアで実現しましょう。

ここだけ押さえれば大丈夫♪

  • 肌の曲がり角は20代前半から半ばにかけてやってくる
  • 20代のスキンケアで、30代40代になってから肌に差が出る
  • 20代のスキンケアは特別なことをするよりも基本をしっかりとやる方が望ましい
  • スキンケアの基本、クレンジングと洗顔は肌の負担にならないように
  • スキンケアアイテムは、油分が少なく保湿がきちんとできるものを選ぼう
  • 目元など皮膚が薄く負担がかかりやすい場所は個別でケアしよう

先頭へ

目次へ