MENU

意外と見られる下っ腹がぽっこりする原因は!?日常生活から改善しよう♪

スリムな子も下っ腹は出ていることが多いように、意外と悩む人が多い下っ腹のぽっこり。

日常生活から注意していけば、下っ腹のぽっこりが改善するかも!

ここでは、下っ腹の原因と、改善方法、普段から気をつけることなどを紹介していきます。

下っ腹がぽっこり?意外と見られているお腹周り

ウエストにメジャー

何度ダイエットしても落ちない下っ腹。

下っ腹がぽっこりしていたら、かっこよく洋服も着こなせない!
温泉旅行なんて恥ずかしすぎる!
こんなお腹なら水着なんて着れない!

誰もが一度は、悩む下っ腹のぽっこり。

隠せばいいやと、ゆったりとした洋服を着ても横から見たら、ぽっこりしているのがバレバレなのを知っていますか?

しかも、そのぽっこり下っ腹は意外と周りに見られているかも。
スーツや制服なら尚更、下っ腹のぽっこりは隠しきれません。

下っ腹がぽっこりする原因は?

見た目は細いのに下っ腹がぽっこり。一体何が原因なんでしょうか?

クッションを抱える女性

・冷えぽっこり
下っ腹がぽっこりしているなら、一度お腹の温度を確認してみてください。
冷たく感じませんか?

冷え性でお腹周りが冷えていると、内臓を守るために皮下脂肪がつきやすくなります。
そのため、下っ腹がぽっこりに。

冷えは、ダイエットの大敵です。代謝を良くするためにも冷えが起こらないように気を付けましょう。

メジャーを持っている女性のお尻

・歪みぽっこり
下っ腹ぽっこりは、骨盤が歪んでいるからかもしれません。

骨盤が歪むと、内臓がどんどん下がってしまい、下っ腹のぽっこりに繋がります。

骨盤の歪みは、下っ腹以外にもダイエットが失敗する原因にもなるため、歪みを正すように骨盤矯正ショーツなどを利用しましょう。


・筋力低下ぽっこり

お腹の筋力=インナーマッスルが鍛えられていないと、内臓が位置が下がることにも繋がります。
プニプニとした下っ腹タイプなら、インナーマッスルの低下かもしれません。


ミニチュアトイレ

・便秘ぽっこり

便が腸に溜まり下っ腹がぽっこり。

腸の動きが悪いと、血流が悪くなり脂肪がつきやすい体になります。

日常生活のちょっとしたことや癖が下っ腹ぽっこりの原因に!?

ウエスト

下っ腹ぽっこりの原因には、冷えや骨盤の歪み、筋力低下などが考えられます。

大きくあげると、先ほど紹介した冷えや骨盤の歪み、筋力低下などが原因に考えられますが、 普段なにげなくやっている癖が、実は下っ腹の小さな原因かもしれません。

日常生活を少し意識するだけで、下っ腹のぽっこりが防げたり、改善することに繋がります。

デスクワーク

パソコンとにらめっこ

パソコンと睨めっこするデスクワークは、前屈姿勢になりがち。

その状態は、肩に力が入り、下っ腹の力が抜けやすい姿勢でもあります。座りっぱなしの仕事だと、むくみも起こりやすくなりますよね。

姿勢の悪さ

猫背は下っ腹がどんどん出やすくなってしまう姿勢です。

猫背になると、お腹周りが少しポコッと出てしまいませんか?
その姿勢が、楽でもし猫背が癖になっているなら、危険!下っ腹ぽっこりから抜け出せません。

ストレス

ストレスがかかると、体に少しずつ不調が出てきます。
過度なストレスがかかってしまうと、自律神経が乱れることに繋がり、脂肪が燃えにくい体になってしまいます。

また、ストレス発散として大食い・やけ食いを繰り返してしまうと、カロリーオーバーになってしまいますよね。

人の体は、ストレスがかかると呼吸が浅くなってしまい、呼吸が浅いと内臓付近の血流が悪くなってしまい、脂肪燃焼スピードも落ちます。

このお腹どうする!?下っ腹ぽっこりを改善するために♪

お腹を抱え寝転ぶ女性

下っ腹のぽっこりを改善する方法は、簡単なものから面倒な運動まで数多くあります。

生活をしていると、運動をする時間の確保もなかなか難しいですよね。
自分の生活スタイルに合う方法を知り、下っ腹ぽっこりを改善していきましょう。

普段の生活から気を付けていきたい!

普段の生活から気をつけていくことで、下っ腹ぽっこりになりにくい体に近づくことができます。

1、姿勢改善

見返り美人

なにげなく立っている信号待ちや、電車の中。猫背にならないように意識するだけ。
背中を丸めていないか意識するだけでも姿勢を変えることができます。

また、デスクワークやカフェなど座るときに、いつもと同じ脚を組まないようにしましょう。 脚を組むことは骨盤が歪む原因にもなります。

2、食生活

食事風景

便秘ぽっこりの方、冷えぽっこりの方、きちんとした食生活を送っていますか?

バランスの良い食事をすることが1番大切ですが、1人暮らしだとなかなか難しい問題です。

意識するのは、「ま・ご・は・や・さ・し・い」だけ!



ま…【豆類】豆腐や納豆など
ご…【種子類】ゴマ、ナッツ
は…【海藻類】わかめ、ひじき
や…【野菜類】緑黄色野菜
さ…【魚介類】
し…【キノコ類】しめじ、えのき、しいたけ
い…【芋類】ジャガイモ、サツマイモ

これらを1食のメニューでバランスよく摂取するのは難しいですが、なるべく意識して取るようにしましょう。

また、疲れて帰ってくるとコンビニご飯や、外食になることもありますよね。
その際、大きな弁当箱ではなく、サラダやチーズ、味噌汁や魚、などバランスを考えて選ぶことをオススメします。

3、ストレス改善

空に手を伸ばす

ストレスが溜まる前に、うまく発散しましょう。

ストレス発散方法は人それぞれ違いますが、今回はリラックス効果の高いストレス発散方法を紹介していきます。

・好きな香りのお湯に浸かる(半身浴)

入浴中の女性

リラックス効果も高く、新陳代謝改善や、ダイエット効果なども期待できる半身浴。

ドラッグストアなどで、分包タイプが販売されているので、好きな香りや気になるものを妥協せずに購入し使いましょう。

お風呂に入る前に、お水を1杯飲み、ゆっくりと15~30分入ります。
仕事や嫌なことは忘れて、深呼吸をし頑張っている自分を認めてあげることが大切。


・足湯で血行促進

お風呂にゆっくり浸かる時間がないなら、足湯だけでもオススメ。

足湯には、血流改善効果もありリラックスすることができます。

カンタンな運動を継続的に!

下っ腹ぽっこりを改善するための運動やストレッチは、簡単で続けやすいものが多くあります。

1、下っ腹にドローイン

背すじを伸ばし、姿勢良く立ちます。
お腹全体をへこませるイメージで、30秒間お腹をへこませます。
ゆっくりと息を吐きだしたら終わりです。

ドローインは、簡単なだけでなくお腹周りを確実にスッキリさせることが出来ます。
体幹トレーニングにもなるので、姿勢が良くなり猫背も改善することが可能です。

2、お尻歩き

普段使わない下っ腹の筋肉を刺激、骨盤を歪みにくくすることが可能。

脚を伸ばした状態で座り、背すじを伸ばし胸の前で両腕をクロス。
左右の脚を交互に出しながら、5歩前進したら、5歩後進し元の位置に戻ります。

注意点は、お尻を浮かせないようにするこ。最初は、難しく感じ慣れるまで時間がかかるかと思うので、無理をしないようにしましょう。

面倒な運動はしたくないけどスッキリしたい!

ヨガ

下っ腹ぽっこりは気になるけど、面倒な運動はしたくないものです。
それなら、運動や食生活改善ではなくもっとカンタンな方法で下っ腹をスッキリさせましょう。

1、骨盤矯正ショーツを使う。

骨盤を矯正することで、下がっていた内臓が元の位置に。さらに、ウエストや太もも痩せにも大活躍。

2、どうせなら一気にケアできるスパッツを使う。

加圧インナースパッツを使って、くびれも骨盤も太ももやお尻も一気にケアをしていきましょう。

3、お腹周りから血行改善

貼るだけでお腹周りの改善に繋がり、なにより手軽だから楽ちん。
冷えの改善にも繋がり、下っ腹もスッキリ♪

努力が下っ腹をすっきりさせる!

両手を上げている女性

下っ腹ぽっこりの改善方法をいくつか組み合わせることで、下っ腹ぽっこりを改善する近道です。

例えば、運動と加圧インナーを使って汗をかきやすくなるように工夫をしたり食生活を意識しながら、週末の掃除のときはお腹に貼るダイエット商品を使うなど下っ腹ぽっこりを改善するために、組み合わせることをオススメします。

下っ腹ぽっこりを改善しよう。

手を引く女性と仲間たち

下っ腹のぽっこりが改善したら、温泉旅行も水着も楽しめるし、自信を持って行くことができますよね。

普段の生活や、ストレス発散、簡単な運動を続けることが、下っ腹をスッキリさせるコツです。

暴飲暴食を繰り返していたり、運動などもせずにいたらお腹が出るのは、もう当たり前。

改善できるところから、少しずつ治しスッキリしたお腹を目指しましょう。

ここだけ押さえれば大丈夫♪

  • 何度ダイエットしても落ちない下っ腹。
  • 原因は、大きくわけて4つ!
  • なにげない癖が、下っ腹の原因に!
  • 改善するために普段の生活から気をつけたい
  • ストレス改善も下っ腹に効果的
  • 簡単なドローインでインナーマッスル強化!
  • 面倒ならダイエット商品を買っちゃおう!

先頭へ

目次へ