おしゃれの冒険を楽しむ ―― グッチが教えてくれること

Spark GINGER TOPICS班

昨今、GINGER世代のアラサー女子に “自分のスタイルをひと言で表わすと?” とアンケートで問いかけると、その大部分の回答が「ベーシック」「シンプル」に集中します。
着回しが効くベーシックな服、組み合わせが簡単なシンプルな服――。
悩まずにコーディネートできるという “着こなしやすさ” は、日々忙しい働く女子にとって確かに魅力的。
でも、“着こなしやすさ” に重きを置くばかりに、私たちはいつの間にか “おしゃれを楽しむ” というときめきを忘れてしまっている…というのも事実。

だからこそ今、グッチのクリエイティブ・ディレクター アレッサンドロ・ミケーレのクリエーションが、ベーシックやシンプルに慣れ親しんでしまった私たちに、大きな気づきを与えてくれます。

2017.03.17 更新

♡1,947 views

ファッションは、もっと “刺激的” で “個性的” なもの

D

 

意外性に満ちた色と素材とプリントの個性的な掛け合わせ、その絶妙なバランス、類まれなインパクト、そこから喚起されるおしゃれへの冒険心は、世界中のファッショニスタを熱狂させています。グッチのランウェイルックを見て、心が躍らない人がいるでしょうか。

 

E-F

 

服は実用的であるべきだけれど、それだけではツマラナイ。

ファッションで心が動く、この楽しさを、観るだけではなく、自分のスタイルに取り入れたいという欲望が生まれてきませんか?

ベーシックでシンプルな服が好き、もちろんそれでいいのです。でもそこに、“自分らしさ” というエッセンスがなければ、みんなと同じユニフォームを着ているだけになってしまいます。

自分スタイルに変化をもたらすバッグを投入

GettyImages-646145640

Licensed by gettyimages®

 

おしゃれの冒険に踏み出す第一歩として、まずはグッチのアイコニックなバッグをひとつ手に入れてみましょう。

それは、ベーシックな、そしてシンプルなコーディネートに変化をもたらす起爆剤。着こなしの主役になりつつ、その美しくも、主張の強いバッグに導かれて、私たちは「もっと自分らしいおしゃれを極めたい」という次のステージへ進みたくなる心の変化に気付くはず。

 

GINGER世代におすすめの最新バッグは――

 

G

 

レザー トップハンドル バッグ 「シルヴィ」

[レザーストラップとトーションストラップ付き]

(H14×W20×D8cm) ¥254,000 (税抜)

 

レザーに埋め込まれたウールファブリックのウェブにゴールドチェーンとバックルがあしらわれた、特長的なデザイン。交換可能な2本のストラップ付きで、活用範囲も広がります。

 

 

H-1

 

キルティングブロケード ショルダー バッグ「GGモーマント」

(H19×W31×D7cm) ¥194,000(税抜)

 

センターにほどこされたゴールドのダブルGモチーフがアクセント。フラワーモチーフがブロケードされたキルティングファブリックのスタイリッシュなルックス。

 

 

I-1

  

マルチカラー ブロケード バックパック

(H39×W26.5×D12cm) ¥194,000(税抜)

 

オーロラのようなファブリックに光沢感が魅力的。フラップ部分に飾られたゴールドのタイガーヘッドがキャッチー。

 

 

お問い合わせ グッチ ジャパン カスタマーサービス TEL: 0120・88・1921︎

スナップでチェック! Myスタイルにどう取り入れる?

GettyImages-649500262

Licensed by gettyimages®

 

ファッショニスタたちが、どんなバッグを選んで、自分のスタイルに取り入れているのか。スナップから具体的なサンプルを拾ってみましょう。

 

上の写真はシンガーとしても活躍中のイタリア人の女優マティルダ・デ・アンジェリス。白×ブルーのプリントワンピースに、ピンクレザーのキルティング ショルダーバッグ「GGモーマント」を効かせたコーディネートで。ダークカラーの髪と綺麗なコントラストを生む、ソフトカラーでまとめた着こなしが素敵。

 

GettyImages-645375350-(1)

Licensed by gettyimages®

 

ヴィクシーモデルのひとりヴァレリー・カウフマンも、トレンドのピンクコートにライトブルーレザーの「シルヴィ」をオン。この日は、デニムの足元もグッチのスニーカーで決めていました。

 

GettyImages-648094264

Licensed by gettyimages®

 

こちら、モデルのズラータ・セメンコは、オールブラックスタイルにブラックレザーの「GGモーマント」を合わせた辛口スタイリング。パールで飾られたダブルGや、パールとメタルのスタッズのあしらいが、バッグを服に馴染ませすぎず、しっかりとおしゃれポイントに。

自由に、自分らしいおしゃれを極める

GettyImages-649433006

Licensed by gettyimages®

 

バッグという小道具でおしゃれ魂に火がついたら、次のステージは、脱ベーシック&シンプル服。

ブラジル人ソーシャライツ、ヘレナ・ボードンのように、ロゴT×ダメージデニムという、なんてことない着こなしに、グッチのロングカーディガンをさらっと羽織ったり。

 

GettyImages-649432996

Licensed by gettyimages®

 

BLIND FOR LOVE・・・後ろ姿でも、しっかり主張。

 

 

GettyImages-635366162

Licensed by gettyimages®

 

すでにヒットアイテムとしてみんなのターゲットになっているグッチのロゴTシャツ。今をときめく人気モデル、ロミー・ストリドみたいに、ヒョウ柄合わせでアクの強いコーデに仕上げるのも手。首元にバンダナ柄のスカーフとチャームネックレスというのも、彼女らしい可愛いアレンジです。

 

 

大人になるにつれ、ついつい保守的になってしまうおしゃれ。アレッサンドロ・ミケーレからのメッセージを受け止めて、新しいスタイル探しを始めてみませんか? 着るだけで、持つだけで心が躍るアイテムを手に入れて。あなたにとってのファッションがまだまだ、もっと、さらに楽しくなるはずです!

2017.03.17 更新

♡1,947 views

関連キーワード