Licensed by gettyimages®

【フレグランス】あの香りで“記憶に残る女”になる

古泉洋子(こいずみひろこ)

じわっと汗ばむ、湿気の多い日本の夏。電車で隣り合わせたときや会社ですれ違うときに「素敵なひとなのに……」と、匂いががっかりポイントになった経験があるはず。匂いは本能に訴えかける力が強いため、視覚とはまた違った形の潜在的なものとして後々まで記憶に残ります。見た目にも涼しげな夏の着こなしで決めたら、3年後も“記憶に残る女”になるために最後のトッピングとして上質な香りが効果を発揮します。

この夏のおすすめは、いまの心地よさを感じさせる「クロエ」のフレグランス。では詳しく見ていきましょう。

2016.07.20 更新

♡2,376 views

モテ香水と言われる「クロエ」のフレグランス

 

男女ともに好感度の高い香りといえば「クロエ」のフレグランス。2008年に最初の“クロエ オードパルファム”を発売。以来「ローズ ド クロエ」、「ラブ ストーリー」、「ロー ド クロエ」など次々に魅力的なフレグランスを展開しています。どれも繊細さと自由なエレガンスを表現する「クロエ」らしさがあり、自然に優しい女らしさが漂うところが人気の理由です。

“クロエ オードパルファム”最強の新作が登場

そしていよいよ本日7月20日に発売されたのが、「クロエ フルール ド パルファム」です。花の中で最も柔らかい、the flower’s heart=花蕊(かずい)だけでつくられた贅沢なブーケ。ローズをベースに、ラズベリー、そしてバーベナ、チェリーブラッサムが融合し、甘くフルーティーななかにフレッシュさも漂います。実際手首につけてみると、瑞々しく香り立つ自分の匂いにうっとりしてしまうほど。

3

「クロエ フルール ド パルファム」
30ml ¥8,500(税別)、50ml¥11,500(税別)、75ml¥14,000
/すべてブルーベル・ジャパン

キャラクターはあの文豪のひ孫!

Licensed by gettyimages®

2015年からこの魅力的なクロエ フレグランスのモデルを務めているのが、ドリー・ヘミングウェイ。モデル、イラストレーターなどマルチな活躍を見せ、自然体の美しさが魅力。名前でお気づきかもしれませんが、彼女は『老人と海』、『誰がために鐘は鳴る』などの作品で知られ、ノーベル文学賞も受賞した文豪、アーネスト・ヘミングウェイのひ孫なんです。
 
「クロエ」が表現する、愛される香りを身につければ、暑い夏もスマートに乗り切れるはずです。
 

●お問い合わせ/ブルーベル・ジャパン Tel.03・5413・1070

http://www.chloe-fragrance.jp

2016.07.20 更新

♡2,376 views