【おしゃれ小物】ハットを克服したら、夏はもっと楽しくなる!

古泉洋子(こいずみひろこ)

夏はもう目の前! 太陽の日差しが待ち遠しい季節の間に、しっかりと夏のおしゃれ計画を立てておきたいところです。そこで夏服に効く小物のひとつ、ハットについて考えてみたいと思います。このところメンズライクなハットがすっかり定着して街中でも取り入れている女性を見かけますが、ものにしている人はあまり見かけないのが正直なところ。そういう私自身も憧れはあるもののマスターしきれていないのです。どうすればハットを克服できるのか、一緒に考えていきましょう。

2016.06.22 更新

♡1,954 views

とにかくハット慣れすべし

帽子をうまく被りこなせていない女性を検証してみると、大抵は意気込みが空回りした「私、頑張っておしゃれしてます!」か、恐る恐る系の「被ってみちゃいました」か、いずれかが多いようです。ハットをものにするためには、一にも二にも被り慣れることがスタートラインという気がします。こんな派手な帽子さえ、さらりと被ってしまうイギリスの帽子文化を見習って、まずは週末にトライしてみるのがいいでしょう。   

小顔に見せる幅広なブリムを狙え!

帽子挑戦中の私が無理なく被れると思うのは、リゾート用のつばの広いストローハットタイプ。トレンドのメンズライクなハットタイプは、残念ながらいまのところまだ、似合う型に出会えていません。小顔の海外セレブたちはTシャツにさりげなく合わせていて素敵ですね。おそらく顔型、顔サイズに対してブリムが狭いと、顔の大きさを強調する模様。   2GINGER17383+   メンズライクなハットでもワイドブリムなタイプなら、初心者でも被りやすいはず。6月23日発売のGINGER8月号の「WEEKLY GINGER・MONDAY」でご紹介している、イタリアの老舗帽子ブランド「ボルサリーノ」のパナマハットはブリムだけでも4.5cmのショート、6cmのミドル、7cmワイドと3種類をラインナップ。頭のサイズも55cmから1cm刻みで9サイズ作られています(在庫は要お問い合わせ)。   ハット¥55,000/ボルサリーノ(ボルサリーノ ジャパン) ●お問い合わせ ボルサリーノ ジャパンTEL03・3230・1030 http://shop.jborsalino.com   

シンプルカジュアルに合わせるのが正解

ハットは夏のシンプルカジュアルにこそ小物効果を発揮します。ナオミ・ワッツの白レースブラウス+デニム、カイリー・ミノーグの白シャツ+ベージュパンツと、どちらもさらりとハットが効いています。もちろんフェミニンなスタイルにハズシで合わせてもおしゃれですが、それは苦手意識を克服してから次の段階でトライしましょう。   似合う型を見つけて、この週末からハットを被りこなしてくださいね。   

 

 

文/古泉洋子(こいずみひろこ)

2016.06.22 更新

♡1,954 views