【大人女子の部屋づくりプロジェクト】ひとり暮らし部屋の間取り決定! インテリアを検討するためにショールームへ

 Sponsored by 伊藤忠都市開発

年明けから始動している「大人女子の部屋づくりプロジェクト」。
これは、実際に松陰神社前に2018年3月に完成するマンションの2部屋を総合デベロッパーである伊藤忠都市開発とGINGERがコラボして造るという、スペシャル企画です。
今年初めに、約4,000人にアンケートを実施して、GINGER世代の暮らしに対する意向を調査することからスタート。そして、そのアンケートにお答えいただいたGINGER読者のなかから6名のモニターを選出し、リアルな意見を聞きながら完成に向けて準備を進めています。
これまでに3回の座談会を行い、“GINGER世代にとって理想の住まいとは?”というテーマについて活発な意見交換を繰り返して、ついに間取り決定。今回は、その間取りに合わせて“部屋をどんなテイストで仕上げていくのがベストか?”という次なるテーマを前に、サンワカンパニーのショールームへ。展示商品を見ながら、“こんなインテリアがいいな”のリアルイメージを見つけてきました。
キッチンや共有部分はアンケートとモニターの声ですでにイメージをまとめ済みなので、今回は洗面台、収納、壁紙などの具体的ディテールについて考えてみることに。今回は、その様子をレポートしていきます。読者の皆さんもご一緒に、理想の部屋について思いを巡らせてみてください!

2017.06.24 更新

♡2,396 views

まずは、採用する間取りをご紹介

決定した2部屋の間取りをご紹介いたします! 前回の記事で公開した4つの間取りから、上の2つの間取りを採用することになりました。

モニター座談会では、「水回りと寝室は分けたい」「しっかりとリラックスできる空間がほしい」「対面キッチンなら、L字型の方がいいかも」「やっぱり収納が一番大事」など具体的な意見をもらい、前回の図面を改良していきました。

右の図面のコンセプトは“セラピー”。まさに、リラックスをテーマにした空間作りに。バスルームの設備を充実させ、癒しと美肌のための機能を入れる予定です。また、ベッドルームとダイニングキッチンの仕切りはガラス扉にして開放感を演出するなど、部屋の中にも工夫を施します。

左の図面のコンセプトは“スキルアップ”。ウォークインクローゼットを取り入れることで収納を確保。趣味を存分に楽しめ、充実した時間を過ごせるような住まいをイメージしています。対面キッチンもこだわりのポイントです。

約25㎡というサイズのひとり暮らしの女性の部屋に、できる限りのワガママを詰め込みました。

2部屋ともに、寝室と居住空間を分けるという、新しい考え方の1DKタイプ。自分時間を充実させたい方にぴったりの部屋なのです。

_MG_2269

 

モニターの皆さんにもショールーム見学の前に、決定した間取りについて報告し、情報をシェア。今回チェックすべき洗面台、クローゼット、壁紙などについてイメージをまとめつつ、さっそく見学をスタート――。

 

 

《洗面台》置き型ボウルタイプか一体型スタンダードタイプか?

最初は洗面台のセレクトから。置き型ボウルタイプ(右)と、一体型スタンダードタイプ(左)を見比べながら、実際に使用するならどっち?をみんなで真剣にトーク。

 

_MG_2364 - コピー

 

置き型ボウルの方が「おしゃれでテンションが上がる」という意見がある一方で、実際に使うとなる「水はねが気になるかも?」「掃除が大変かも?」などの懸念も出てきたり。

しかし実は、洗面器の形状よりも皆さんが気にしていた点が・・・洗面台回りの収納だったのです! 「鏡の裏が隠せる収納になっているところがいい(しかも2面鏡になる!)」「洗面台の下は、収納スペースがマスト!」というリクエストが出て、収納がより豊富なタイプの洗面台を取り入れることになりそうです。

ボウル型か一体型か、洗い場のタイプについては2部屋あるので、それぞれに別のものを採用するかどうかを、この日の意見をもとに検討していくことになりました。

《収納》クローゼットや長押(なげし)について検討!

MyPhoto-2

衣類や小物を機能的に収納できる棚や引き出し付きのクローゼットが設置された部屋も、最近は増えているようです。こちらについては、全員が「ぜひ使ってみたい」と回答。

しかし、くくりつけのクローゼットは、ワードローブにロングコートやロングスカートなどの長め丈のアイテムが多い女子目線で見ると「長め丈の服をハンガーでかけられるスペースが少ないかも…?」という声が聞かれました。さらに、バッグなどの小物の数は人によって差があるので、自分で棚の位置やスペースをカスタマイズできるタイプの方がうれしいという意見も。ここは取り入れるか否か、これから詰めていきたいと考えています。

 

長押(なげし)も好評!

_MG_2513

長押とは、壁に取り付ける横木のこと。ハンガーなどをひっかけることができ、横木の下にはレールを取り付けることも可能。「帽子の収納に役立ちそう」「コートを掛けるのにいいかも」など、あれば便利そうなので欲しいという意見で一致。これは採用を検討したいところです!

≪壁紙≫貼ったりはがしたりできる、アクセントクロスがあったら欲しい?

_MG_2535

部屋では落ち着いた気分で過ごしたいので、シンプルが一番という意見が多かったのですが、サンワカンパニーの貼ってはがせる壁紙『コレ・デ・コレ』を見て、「自分の好みや気分でアレンジできるので、取り入れてみたい」「居室スペースではなく、洗面やトイレなどに取り入れたら可愛いかも」という意見が上がりました。

最後に、部屋のテイストを検討して見学&座談会終了!

ショールームの見学後に、約4,000人アンケート調査結果に基づいた“こんなテイストの部屋に住みたい”人気10パターンのイメージ資料を見ながらミーティング。部屋のインテリアをどんなテイストに仕上げていくのがベスト(GINGER世代の理想)なのか検討しました。まだ構想段階ですのでお見せできないのが残念ですが、2つの部屋それぞれに特徴を持たせるという方向で決定。大人女子が絶対に住みたくなるおしゃれな内装が出来上がりそうな予感です。

 

8月には最後の座談会を行い、いよいよ施工に入ります。来年3月の完成を楽しみにしていてくださいね!

 

撮影協力/サンワカンパニー

「ミニマリズム」をデザインコンセプト掲げ、シンプルで美しいデザインの住宅設備・建材を販売するメーカー。だれが買っても同じワンプライスでインターネット販売を行い、東京・名古屋・大阪・福岡にショールームを設けている。昨年より世界的に有名な見本市である「ミラノサローネ国際家具見本市」にも出展し、そのデザインやコンセプトを世界に発信し始めている。

http://info.sanwacompany.co.jp/

 

伊藤忠都市開発では、住む人の暮らし方まで考えた理想を叶える住まいをクリエイティブに提案しています。現在、都心住宅の限りあるスペースをいかに有効活用するかという課題を、テリー伊藤氏をアンバサダーに迎えて実践した「間取りの無い家 CREVIA CREATIVE CHALLENGE というユニークな動画をWebで公開中。

http://www.itochu-sumai.com/special/ccc/



公式ホームページへ

2017.06.24 更新

♡2,396 views