【ランニング女子必見】走ると脚が太くなる? そのお悩みはウォーミングアップで解決!

Spark GINGER取材班

走ることを通じてヘルシービューティを目指そうと、昨年GINGER読者メンバーで結成された「GINGERランチーム」。数ヵ月間の活動で、ランニングにすっかりハマってしまったメンバーたちの熱いリクエストを受けて、このたび2ndシーズンが幕を開けました! 秋から冬にかけて開催されるフルマラソンの大会で全員が完走することを目標に、トレーニングに励みます。
Spark GINGER取材班は、毎月行われる公式練習をリポート。ランニング女子の皆さんの役に立つトピックスを見つけて、お届けしていきます。

2017.05.16 更新

♡1,104 views

ウォーミングアップは入念に!

今年度、GINGERランチームを導いてくださるのは、MIZUNOインストラクターの内野コーチ。真新しいMIZUNOのランニングシューズで臨んだ初めてのレッスンは、念入りなウォーミングアップからスタートしました。

 

全身を軽くストレッチした後、まずは肩甲骨をほぐす運動。

 

1-2

 

両腕を付け根からぐるぐると回転させながら、軽くジョギングを行います。まずは両腕とも前回しをしながら、20メートルほど前進。これで1セット。次に後ろ回し、さらに右腕と左腕を逆方向に……と、回す方向を変えながら計4セット行います。

 

丁寧に肩甲骨周りをほぐしておくことで、走る際に自然としっかり腕を振れるようになるのだとか!

走るとふくらはぎが太くなる…その原因とは?

次に股関節をほぐすウォーミングアップを行います。まずはじっくりと体重をかけてストレッチ。

 

さらに、歩きながら股関節を動かしていきます。

 

2-2

 

踏み出すほうの脚の膝を外側に開きながら持ち上げたら、持ち上げたまま膝の向きを前方へ。そのまま前へすとんと踏み下ろします。これを左右交互に行いながら歩いていきます。

 

走るとふくらはぎが太くなる、という悩みを抱えているランナーは少なくありませんが、先生いわくそういう人は股関節を十分に使わずに走っている可能性があるのだとか。走る前に股関節をしっかりとほぐしておくことで、脚に無理な負担をかけることなく自然と前に踏み出すことができ、しなやかな美脚をキープすることができるのです!

1周5kmの皇居ランもラクラク♪

ウォーミングアップが終わったら、全員で皇居ラン! 一周すると約5kmとしっかりと距離のあるコースですが、昨年から練習を積んできたメンバーは余裕の表情。

 

3-1

 

入念なウォーミングアップの効果か、すいすいと快調に体が動きます。

全身を正しく使って走ることは、怪我を防止するためにもとても大切。ランニング女子の皆さん、走る前にはぜひ、「肩甲骨」と「股関節」を意識したウォーミングアップを取り入れてみてくださいね!

 

 

今回教えていただいたのは・・・

 

uchino

 

ミズノスポーツサービス

チーフインストラクター

内野雅貴さん

2017.05.16 更新

♡1,104 views

関連キーワード

編集部のおすすめ!