GINGER世代が理想とする暮らしって? 大人女子の部屋づくりプロジェクト始動!

 Sponsored by 伊藤忠都市開発

仕事もプライベートも一生懸命で、おしゃれにも敏感。さまざまなアンテナを張り、充実した生活を送る、GINGER世代。でも、今住んでいる部屋や暮らし方に満足している人はどのくらいいるのでしょうか? それぞれが描く理想とする部屋や、暮らし方はどんなものでしょうか…? もしかしたら、理想の暮らしを実現させるために、GINGERが手伝えることがあるのでは? そんな想いがありました。そして今回その想いが通じ、総合デベロッパーである伊藤忠都市開発とコラボして、GINGER世代のひとり暮らしにおける、賃貸マンションの理想の部屋づくり、「大人女子の部屋づくりプロジェクト」をスタートすることになりました! GINGER読者約4000人へのアンケート結果と、読者代表のモニター6人のリアルな意見をもとに、来年3月の建設に向けて、約1年間試行錯誤して考えていきます!

2017.03.27 更新

♡2,908 views

モニター6人決定! リアルな意見をお伺い

4000人へのアンケートと同時に、この企画へのモニターを大募集。厳選なる審査の結果選ばれたのは、(左から)齋寛子さん、渡邉かほるさん、向井由佳さん、谷本千晃さん、佐藤視紅さん、築山りささんの6人。この6人で「大人女子の部屋づくりプロジェクト」を盛り上げていきます!

 

 

第一回座談会では、それぞれ自分の部屋のお気に入りポイントや、不満ポイントをはじめ、GINGER世代に必要だと思う設備や機能についてざっくばらんにお伺い。それぞれ理想の住まいについてのイメージを膨らませてもらいました。同世代ということもありすぐに打ち解け、和気あいあい!

4000人へのアンケート結果とリアルボイスから理想の部屋を考案

アンケートでは理想の部屋や、理想のくつろぐ場所、料理をする頻度やメイクをする場所などを細かく調査。結果を集計してみると、GINGER世代のリアルが見えてきました。そこから得られた結果と、モニター6人の直接的な意見から、理想の部屋像を具体化していきます。

 

a

 aa

 

アンケートの集計結果です。理想の部屋として掲げる名目として重要視するのは、断トツで「収納を大きく」という結果に。また、夕食を作る頻度は週2~3回の方が一番多く、モニターの意見からも部屋選びにキッチンの広さや機能性に重点をおく人が多いこともわかりました。

 

3_IMG_3955

 

第二回の座談会では、第一回座談会と、アンケート集計結果をもとに、プランを展開。図面や部屋の機能についても話し合い、より具体的な意見交換へと発展しました。

どの部屋が魅力的? 考案中の図面を大公開!

アンケート結果と、モニターの声から現在考案中の図面を大公開。自分の時間を大切にできるよう、普段くつろぐスペースと、寝室を分ける1DKという考え方を提案。暮らしを豊かにするために必要なこと、必要のないことをさらに明確にし、ここから詳細を詰めて考えていきます。どのプランが採用されるか、乞うご期待!

 

伊藤忠都市開発では、住む人の暮らし方まで考えた理想を叶える住まいをクリエイティブに提案しています。現在、都心住宅の限りあるスペースをいかに有効活用するかという課題を、テリー伊藤氏をアンバサダーに迎えて実践した「間取りの無い家 CREVIA CREATIVE CHALLENGE 」というユニークな動画をWebで公開中。

 

http://www.itochu-sumai.com/special/ccc/ 



official

2017.03.27 更新

♡2,908 views

関連キーワード

編集部のおすすめ!