更新

投資の世界から学ぶ「運」の流れをつかむ7つの言葉

Sarah 著『わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。』

資産運用のひとつとして良く耳にする株やFX。その勝負の世界には「運」と「お金」の流れをつかむための格言があるのを知っていますか? 
アラサートレーダーSarahさんから学ぶ、勝負師だけが知っている運の法則をご紹介。
あなたの流れを明日から変えるかもしれない7つの言葉から、運の流れをつかむコツを学びましょう。

2016.04.01 更新

♡1,597 views

「一運、二金、三度胸」

ここが勝負と見たら、勇気を持ってチャンスに飛び込むべし。運と資産があっても、度胸が無ければ大きな決断はできないという格言。
  
ゴールを決めるのに一番必要なのはあなたの度胸。チャンスが来たなら勇気を持って飛び込んで。
  

「見切り千両、損切万両」

損失は執着せずに切り捨てて、次の利益を狙う事。損失を広げないために、ある程度の損を覚悟で売買しなさいという格言。
  
なんとかなるかもと自分をごまかしているその恋愛。執着している時間は、次のチャンスを逃し続けている時間だってわかってますか?
  

「急ぐは負け、待つは機あり」

勝ちを焦ると失敗する。冷静にその時を待つことが大切。相場の上がり下がりにせかされず、仕掛け場を見極めることが勝利へつながるという格言。
  
最大の成果が欲しいときこそ冷静に。目の前の結果に飛びつく前にまず一呼吸。
  

「思い上がりは下り坂」

思い上がって向上心を失うと、命取りになる。自分の実力を過信せず、冷静に相場と向き合うことが肝心という格言。
  
自分は出来ると信じる気持ちは大切だけど、過去の自分に負けない努力をできているか、たまには冷静に自分と向き合ってみることも大切です。
  

「もうはまだなり、まだはもうなり」

今がどん底だと思う時も、まだ下があるのではないかと考えてみること。実際には、誰にも予想がつかないことが起こり得るのが相場であるという格言。
  
失敗したときこそ、その不幸に浸りすぎずに、連鎖する次の失敗を警戒することが大切です。
  

「山高ければ谷深し」

大成功の後には、同じだけの逆境もいつか訪れるもの。大きく上昇している相場は、値下がりする反動も同じだけ大きいという格言。
  
苦しい逆境と同じだけ、いつか成功もする! でも逆に、頑張れた自分を褒めてあげるときこそ、頑張れなかった自分のことも思い出してあげながら前に進みましょう。
  

「朝のない夜は来ない」

信念を持って待ち続ければ、いつか光が見えてくる。下落相場も永遠には続かないという格言。
  
辛くてもあきらめないこと。必ず抜け出せるときは来ます。
  

2016.04.01 更新

♡1,597 views

Sarah 著『わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。』

ゼロからの再出発で、FXトレードを始めた著者の実体験に基づく幸せ探しの物語。「今の会社勤めで大丈夫かな?」「このままで本当に結婚できるの?」と悩む女子達に、自分らしく幸せになるのにルールはいらないことを教えてくれる奮闘の軌跡。

オンラインショップはこちら

このキュレーターの他の記事を見る