梅雨に恋したくなる映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」

柳下修平

6月4日より公開となる『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』。岩田剛典&高畑充希のダブル主演で既に話題に上がっていますが、この映画、とてもとても恋をしたくなる映画なのです。

2016.06.01 更新

♡1,789 views

映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」とは?

この映画で高畑充希演じる主人公さやかは普通のOL。会社では上司に怒られながらも、支えてくれる同僚や上司もいる環境。   人生に大きな不満があるわけではないが、食事はコンビニ弁当が多かったり、恋はしていなかったりとどこか冴えない毎日を送っていました。   そんな彼女の目の前に突如表れた岩田剛典演じる樹。なぜか共同生活をすることになり、料理上手の樹に徐々に惹かれていくのでした。   共同生活をしつつも恋人関係にはならず、寝るときも別々。しかし二人の心の距離は徐々に縮まっていっているのは明らかでした…。   二人の未来はどうなるのか、その結末は劇場で是非!    

恋をしたくなる映画

この映画は出会いこそファンタジックですが、等身大のラブストーリーです。コメディに走らず、下手な胸きゅんにも走らず。   「こういう恋っていいなあ。」   と純粋に憧れを持てる映画です。   この映画は今恋をしていない人、今恋をしてる人、どちらの人にもオススメです。     今、恋をしていないならば、きっと恋っていいなと思えます。   今、恋をしているならば、その相手をより愛おしく思えます。     そんな素敵な映画なのです。    

野草料理がもう一つの魅力

本作には野草を使ったヘルシーな料理のシーンがたくさん登場します。健康そうと言うだけでなく、とにかく可愛らしくて美味しそうな料理ばかりです。   ・クレソンのサラダ ・フキの混ぜごはん ・ワラビと人参のスープ ・オムレツ   などなど。   野菜をメインに使って、塩加減も程々の料理の数々。それらを毎日食べるようになったさやかは、居酒屋の料理を味が濃すぎると思うほどに。   「この料理はマスターしたいな」と映画を見ながら思っていたのですが、先日料理愛好家の平野レミさんがイベントを開催されて料理を再現してくださいました。   平野レミが野草を爆速クッキング!? 映画「植物図鑑」公開前イベント http://cinema.ne.jp/recommend/syokubutsu2016051421/   料理も魅力的な映画なので、空腹過ぎる状態で映画を見るのはもしかしたら危険かもしれません。    

主題歌「やさしさで溢れるように」

  本作の主題歌はFlowerの歌う「やさしさで溢れるように」です。   この楽曲はJUJUの歌う曲として知られていますが、今回映画で使用されているのを聴いて「これ以上合う曲はない!」と思いました。この映画のために作詞されたのでは…と思うほどです。   「やさしさで溢れるように」はとても素敵なタイミングでかかり、映画を見事にアシストしてくれます。   楽曲は5月25日よりiTunes、Apple Music、レコチョク、moraで先行フル配信が開始されています。早速Apple Musicでフル音源を聴きましたが映画の記憶が蘇ってきます。   そして思うことは、「恋っていいね」ということ。映画の魅力を語りたくもなりますが、私たち自身が「恋っていいね」と思えることがきっとこの映画の最大の魅力なのでしょう。    

2016.06.01 更新

♡1,789 views

関連キーワード

編集部のおすすめ!