MENU

髪のパサつきを今すぐケアする方法は?髪のパサつきの原因も紹介していきます。愛され女子はヘアケアも完璧に♪

髪がパサついていると、見た目の印象や魅力が半減!?

愛され女子を目指すのなら髪までツルんとするべき。

どんなヘアスタイルもばっちり決めたい。
スタイリングしたのに毛先が広がってしまう。

髪のパサつきに悩んでいるなら、いますぐパサつきケアを始めましょう。

髪のパサつきを今すぐ改善したいなら

頭を抱える女性

髪が艶やかで流れるような状態か、パサついていてボサボサであるかによって見た目の印象は大きく変わります。

髪の状態によって、顔の印象は7割も左右されると言われているんです。

なので、どんなにメイクをしオシャレをしても、髪がパサついているとそれだけでマイナス評価されてしまうことも。

そんな髪のパサつきを今すぐ改善したいのであれば、パサつく原因を知りしっかり対策を取る必要があります。

まずは、日々やってしまいがちなパサつきの原因を紹介しています。


そもそも髪がパサつく原因は?

頭を抱える女性

「毛先までツルツルの髪になりたい」
「パサつきのない髪で色んなヘアアレンジを楽しみたい」

そんな魅力的な愛され女子になるためには、メイクやファッションと同じようにヘアケアも大切。

使っているシャンプー・トリートメントを変えたり、髪をしっかり乾かすなど人それぞれヘアケアを実践しているかと思います。

けど、もしかしたらあなたが取り組んでいる方法だけでは不十分だったり、もしかしたらパサつきを悪化させているかもしれません。

正しいヘアケアのため、まずはパサつきの原因を知りましょう。

髪をパサつかせる主な原因

  • 髪の毛や頭皮の乾燥
  • シャンプーやブラッシングの方法が間違っている
  • ドライヤーでの乾かし方がよくない
  • 繰り返すカラーやパーマ
  • 食事や睡眠など生活習慣の乱れ

それぞれの原因について、詳しく見ていきます。


髪の毛や頭皮の乾燥

髪の毛は常に外的な刺激にさらされていて、ダメージが積み重なることで乾燥しパサついてしまいます。

冬場の乾燥、夏場のエアコン、ストレスによるホルモンバランスの乱れ、加齢や紫外線。

普段何気なく過ごしているだけでも、髪の毛は乾燥から逃げることはできません。

そのため、ヘアオイルやトリートメントで髪をしっかり保護してあげたり、正しくドライヤーで乾かすことが重要です。

肌と同じように、髪にとっても乾燥は大敵なのでしっかりケアしてあげましょう。


シャンプーやブラッシングの方法が間違っている

せっかく髪に良いアミノ酸系シャンプーを使っていても、間違ったケアをしていると逆に髪を痛めパサつかせてしまうんです。

爪を立てて頭皮を洗うことで頭皮が傷ついてしまてしまいます。
そうなると、髪のパサつきどころか抜け毛などその他の髪トラブルの原因になることも。

髪を労わるようにやさしく髪の毛を洗ってあげることが大切です。

また、ブラッシングも同様に髪を傷つけないよう、自分が美容師になりお客さんの髪の毛を相手にしているくらいの間隔で梳くようにしてください。

髪を無理に引っ張ったりほどこうとすると、髪を痛め切れ毛の元ですよ。


間違ったドライヤーでの乾かし方

髪を乾かす女性

髪は長くなればなるほど乾かすのが面倒ですよね。

とくに夏場は暑さもあいまって地獄のよう。

だからといって乱暴に乾かしたり、ある程度水気が飛んだら自然乾燥にしているなんて絶対ダメです。

「熱風をかけるドライヤーの方が髪に良くない」とする意見もあるかと思いますが、実際にはドライヤーで乾かすよりも自然乾燥の方が髪ダメージが大きいんです。

髪を洗う時と同じく、やさしく乾かすようにしてください。


繰り返すカラーやパーマ

刺激が強いカラーやパーマは、それだけで髪がパサつく原因になります。

髪の内部が破壊され、キューティクルが剥がれてしまうことでパサつきの原因に。

おしゃれの一つであり絶対にやめた方がいいわけではありませんが、その後のケアは入念に行うようにしましょう。


食事や睡眠など生活習慣の乱れ

偏った食生活・睡眠不足、これら生活習慣の乱れは私たちの体に悪影響だらけです。

  1. 髪を成長を促すホルモンが正常に分泌されなくなる。
  2. 血行が悪くなり髪に十分な影響が行き渡らない。
  3. 油の多い食生活で頭皮に油分が過剰となり毛穴のつまりを引き起こす。

ざっと挙げただけでも、これだけの影響が髪に起こってしまうのが生活習慣の乱れの怖いところ。

髪のパサつきを改善し艶やかな美しい髪になるためにも、できるところから生活習慣を見直してみてください。


髪のパサつき原因からわかる改善方法

髪のパサつきにつながる原因を紹介してきました。

ここからは、具体的にどう改善していったらいいのか方法を解説していきます。

しっかりとした対策、お風呂の時に心がけるだけの方法まで。

根元から毛先までツルツルの女性らしい魅力的な髪に近づくため、今日から対策を始めましょう。


改善法①乾燥・紫外線対策はきっちりと

乾燥および紫外線は髪へ大きなダメージを与える大敵。

夏・冬問わずきちんと対策すれば、ツルツルの美髪へと近づけます。


  • 日傘や帽子で紫外線をブロック
    スプレータイプの日焼け止めでケア◎
    エアコンの温度や風向に注意する

  • トリートメントやヘアオイルで保護
    静電気が発生しにくいクシやブラシを使う


改善法②ヘアオイルで髪をしっかり保護する

オイル

毛先の広がりなどパサついてしまった髪を保湿し、質感・ツヤ・いい香りを与えてくれるのがヘアオイルです。

もちろん、乾燥対策や生活習慣の改善など地道にヘアケアをしてパサつきを改善していく方法もあります。

しかし、できるだけ早く艶やかな髪を目指したいのならヘアオイルを使うのがオススメ!

髪質によっても相性の良い・微妙なヘアオイルもあるので、自分に合ったヘアオイルでケアしてあげましょう。

なお、下記にタイプ別のライターおすすめヘアオイルも合わせて紹介しています。
興味がある方はぜひチェックしてみてください。


ヘアオイルの成分にもこだわりたい人向け

チャップアップヘアオイルの画像

チャップアップヘアオイル
4種のオーガニック成分と20種の美容成分が配合されているチャップアップヘアオイル。
他にも、うねり防止やドライヤーの熱をケアするための成分など、“髪の美容液”とも呼べるくらい厳選された成分で髪を保護・保湿・補修してくれます。

1日の間ずっとまとまり感とツヤ感が続きますよ。

髪が多くて太い人におすすめオイル

椿油

大島椿油
定番ともいえる椿油は、数滴でもかなりのしっとり感。量を間違えるとべたつきが気になるので、最初は数滴から使用しましょう。
大島椿油をドライヤーの前につけ、乾かすことで乾燥を防ぎボリュームを抑えることができます。

髪が細い人におすすめオイル

N.オイル

N.ポリッシュオイル
SNSなどでも人気が高いヘアオイルは、髪が細くて人気の濡れ髪がうまくできない人にオススメ。
保湿成分にシアバター配合なのでパサつきを抑え、髪にツヤを与えます。

手に残ったぶんは、ハンドケアとしても使うことができるので便利なのも良いところ。

どんな髪質にも使える良質オイル

モロッカンオイル

モロッカンオイル
モロッカンオイルは、どんな髪質にも使うことができます。

主成分のアルガンオイルは、保湿性に優れています。
サラサラとした質感のためべたつくのが苦手だという方におすすめです。

香りも大切にしたい人向け

つむぎヘアオイルの画像

つむぎヘアオイル
つむぎヘアオイルは香料を一切使わず、100%天然のラベンダー精油で香りづけされています。
シャンプー・トリートメントの香りを邪魔しない上品さで、お風呂後までリラックスタイムにしてくれるのがポイント。

ラベンダーの香りが好きな女性ならきっと気に入ること間違いなしのヘアオイルですよ。


改善法③シャンプーの仕方を変える

シャンプーをしている女性

髪がパサつく原因として、シャンプーの方法に問題となっている場合もあります。

シャンプーの仕方って自分流な方も結構多いのではないでしょうか。

自分流から正しいやり方に変えるだけで、あなたのパサついた髪は改善されるかもしれませんよ。

  • お風呂に入る前に丁寧にブラッシングし、汚れを落とす
  • お風呂前のブラッシングには、シャンプーそのものよりも大切な効果があります。
    ほこりや古い角質を落とすだけでも、髪・頭皮の汚れを5割は落とせるんです。

    また、ブラッシングにより頭皮が活性化されることでシャンプーの際に汚れが落ちやすくなる効果も。

  • ぬるま湯で予洗いをしっかり
  • 髪を洗う前のもう一つ準備として、ぬるま湯で予洗い(シャンプー前に湯だけで洗う)もしっかり行うようにしてください。

    ブラッシングと同じく、予洗いだけでも汚れが十分落ちます。
    そのため、乾燥の原因ともなる洗浄力の強いシャンプーを使わなくても、ニオイを気にしない健やかな髪をなっていくんです。

    なお、お湯が熱すぎてしまうと必要な油分を流し乾燥の原因となってしまいます。

    38℃くらいのぬるま湯で1分間かけて洗うようにしてください。

  • シャンプーは手で泡立て、頭皮を揉むように洗う
  • ごしごしと洗ってしまうと、髪同士が擦れて痛みの原因に。

    髪を洗う時は髪同士が激しく擦れないように気を付け、頭皮の指の腹で揉むようにして洗いましょう。

    なお、頭頂部は頭皮の中でも油分が多い部位なので、入念に洗うようにしてくださいね。

    側頭部・後頭部を洗う際は、下から頭頂部へ髪の流れに逆らうように洗うことできちんと汚れを落とせますよ。

  • すすぎは念入りに!
  • シャンプー剤や浮かせたはずの汚れが頭皮に残ってしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮環境が悪くなります。

    頭皮環境が悪くなれば、髪への負担となりパサつきの原因にも。

    すすぎはしっかり念入りにし、髪にシャンプー剤や汚れが残らないよう洗い流してください。

  • タオルドライは優しく
  • タオルドライをする時も、ゴシゴシと髪が擦れないように気を付けてください。

    なぜなら、濡れた髪はキューティクルが剥がれやすい状態だからです。

    ゴシゴシとタオルで乾かすと、それだけでパサつき放題の髪の毛に!

    タオルで髪の毛を挟み、優しい力で水分を取るように抑えこんで乾かしてくださいね。

シャンプーにもこだわる:多くの髪悩みを総合的ケアしていきたい人向け

プレミオールの画像

プレミオール
ハリ・ツヤがない。うねりが気になる。ニオイも心配。
パサつきだけでなく、多くの髪悩みを抱えている人にピッタリなのがプレミオールです。

長い歳月をかけ完成されたヘアケアで、100点満点をつけたくなるような髪を目指しましょう!

シャンプーにもこだわる:ツヤ・ハリ・コシのある美髪を目指したい人向け

ラスティークの画像

Lustique(ラスティーク)
ノンシリコンなのにきしまない、美容液のようなシャンプーがLustique(ラスティーク)です。
濃密コラーゲンで髪をしっかり保護&補修、アミノ酸で頭皮と髪の毛を優しく洗い上げてくれます。

髪にツヤ・ハリ・コシを与える確かな実力はもちろん、ボトルデザインが可愛いのも魅力です!

シャンプーにもこだわる:髪のダメージが気になる人向け

パールリッチの画像

ZACCパールリッチシャンプー
ボタニカルシャンプーであるZACCパールリッチは、高いダメージ補修力で多数の芸能人にも愛されています。

美容液レベルのボタニカル成分が、髪の外と内どちらにも働きかけ髪本来の健やかさを引き出してくれるんです。

年齢問わず、髪のダメージに悩む女性にピッタリなシャンプーですよ。


改善法④ドライヤーでの乾かし方も見直す

髪を洗いタオルドライした後のドライヤーでの乾かし方も、髪のパサつきを改善するためには大切なポイントとなります。

  1. まずはヘアオイルや洗い流さないトリートメントを毛先に適量付ける
  2. 根元から髪を乾かすようにドライヤーを当てる。
     この時、根元とドライヤーが10cm以上離れるように
  3. ある程度乾いてきたら、根元から毛先に向かってドライヤーを当てる
  4. 最後に冷風に切り替えて乾かす

最後に温風から冷風に切り替えて乾かすことで、キューティクルが引き締まります。

冬は少々辛いかもしれませんが、実践するだけで仕上がりがかなり違うのでオススメの方法ですよ。


改善法⑤生活習慣を改善する~食生活~

食卓

パサついた髪を艶やかでキレイな髪に変えていくためには、外側の改善だけでなく内側からのケアも大切。

例えば、髪を保護する役割を持つ大切なキューティクルは、タンパク質が主な成分です。
なので、タンパク質不足はキューティクルが剥がれやすくなる要因となってしまいます。

ならタンパク質を摂取すればいいのかというと、そういうわけにもいかないのが人の体の難しいところ。

タンパク質は体の隅々に行き届く過程で分解・再構築されます。
その際に必要なのが、ビタミンやミネラルなどの栄養素です。

つまり、髪の毛を健やかに保つためには栄養バランスの良い食事を意識して取る必要があるんです。


髪のパサつきを防ぐ食事

髪のパサつきを防ぐためには、バランスのいい食事が大切です。

一つの栄養素だけを取るのではなく、バランスを考えた食事を意識しましょう。
その中でも特に大切な栄養素をまとめてみました。

タンパク質

体を作るのも、綺麗な髪を保つのも、肌を守るのも、タンパク質で出来ています。
髪に必要なタンパク質は、ケラチンという髪の構成成分です。

主な食材に、まぐろやかつお、豚もも肉、木綿豆腐、納豆、卵などがあります。


ビタミン(ビオチン)

タンパク質の代謝サポートの作用があるビタミン。
髪の健康維持をはかるのは、ビタミンB群です。

主な食材に、レバー、鶏のささみ、さんま、バナナなどがあります。


コラーゲン
タンパク質の一種でもあるコラーゲンは、髪のツヤ・ハリをよくする作用があります。

主な食材に、鶏肉、牛すじ、うなぎ、なまこなどがあります。

亜鉛

亜鉛は、ミネラルの一種です。
新陳代謝を促す作用があり、新しい髪を作ります。

主な食材に、かき、牛肉、たらこ、海藻類、納豆、玄米ごはんなどがあります。



ミネラルの一種でもある銅は、亜鉛と一緒にコラーゲンを作る作用があります。

主な食材は、するめなどの魚介類、レバー、ナッツ、ココアなどがあります。

上記で紹介した食材を、なるべくバランスよく食べるようにすることで、髪のパサつきを予防・改善できます。


改善法⑥生活習慣を改善する~睡眠~

睡眠中の女性と犬

日中髪が受けたダメージは、免疫細胞やホルモンによって寝ている間に修復されます。

なので睡眠不足だと、髪のダメージは修復されずパサつきを加速させてしまう要因になるんです。

仕事や家事など人それぞれ忙しいと思いますが、なるべく睡眠のゴールデンタイムである22時から2時の間までに寝るようにしてください。

また、睡眠時間だけでなく睡眠の質もダメージ修復には大切。

ぐっすり眠るためにも、以下のことに気を付けましょう。

  • 就寝3時間前には、食事を終える。
  • 就寝2時間前には、お風呂を終え軽くストレッチをする。
  • アロマなどで心をリラックスできる環境作り。
  • 就寝1時間前には、テレビや携帯などの明るい光は見ない。
  • 自分に合った枕やベッドマットに変える。

裏技?リバースケアとは

後姿の女性

普通ならシャンプーで髪を洗った後にトリートメントを付けますよね。

しかし今、新しいヘアケアとして注目されているのが「リバースケア」です。

シャンプーとトリートメントの順番を逆転させるケア方法となります

シャンプーは洗浄力があるため、どんなに髪にやさしいシャンプーでも多少なり髪への負担になるんです。

しかし、トリートメントを先に使用することで、髪を刺激から守りながら洗うことができます。

枝毛などを予防する効果もあるので、「切るしかないかな」と思うレベルで髪が痛んでいる方は一度試してみることをオススメします。


髪のパサつきを改善して愛され女子に♪

自然と女性

髪のパサつきはせっかくのオシャレを台無しにしてしまうほど、見た目の印象を大きく左右するポイントです。

毛先が広がっていたり髪がボサボサのような状態だと、清潔感がなくずぼら女子に見られたりすることも。

髪のパサつきを抑えるだけでも、イメージがガラっと変わり簡単なイメチェンに♪

このページで紹介してきた髪をパサつかせる原因を知り、しっかり改善策を行うことで艶やかで毛先まで美しい髪を目指すことができます。

1日のケアだけでは満足のいく仕上がりにならなくても、続けていくことで見る人がうっとりするような髪になっていくんです。

早めのケアで髪のパサつきを改善し、愛され女子に近づきませんか?


ここだけ押さえれば大丈夫

  • 髪のパサつきの原因は日々の積み重ね!
  • パサつきの原因は原因を主に5つ
  •  ・乾燥
     ・シャンプーの仕方
     ・ドライヤーでの乾かし方
     ・カラーやパーマ
     ・生活習慣の乱れ
  • 髪のパサつきの応急処置はヘアオイル
  • 髪の正しい洗い方で頭皮環境を整えよう
  • タオルドライは優しく、ドライヤーは根本から。
  • 食事はバランスよくとって髪に栄養を
  • 良質な睡眠が美髪へのカギ!
  • 髪のパサつきを改善して愛され女子になりましょう。

先頭へ

目次へ