MENU

保湿は正しいケアによって初めて効果を実感できるもの。潤いの続く綺麗な肌は、日常生活の行動で作られます!

あなたのお肌は保湿されていますか?
十分に潤っていますか?

自分ではちゃんとお手入れしているつもりでも、保湿の効果を実感できずにいる人は意外と多くいます。

保湿の基本となる正しいスキンケアで乾燥をしっかり防ぎ、たっぷりと潤いを与えて素肌から美しくなりましょう。

そもそも「保湿」とは?

保湿とは【肌が乾燥しないよう、一定の湿度を保つこと】を言います。

つまり、肌が適度な潤いを持っている状態のこと。

潤いのある肌は、見た目にも瑞々しく映るので綺麗な印象を与えます。

また、潤っている肌はハリがありますので、若々しく、明るく見える効果もあります。

きちんと保湿されている肌というのは、それだけで美しいもの。

だからこそ、正しい方法できちんと保湿することが大切なのです。

その時だけ保湿できても、続かなければ意味がない…。

「高い美容液を使っている」「パックをしたから潤った!」とそれで保湿ケアが完了したかと言うと、実はそうではありません。

その時だけ保湿できたとしても、時間が経って水分が蒸発して乾燥してしまえば、保湿できたことにはならないのです。

重要なのは、素肌から保湿されているということ。

肌の基礎力を上げて、潤いを保てる状態に導かなければ意味がないのです。

正しい保湿ケアの方法

①洗顔

顔を洗っている女性

朝起きて1番に顔を洗う人も多いはず。寝ている時に汗をかいているので、朝の洗顔は汚れを落とすうえで大切です。

さっぱりするので目覚めるきっかけにもなります。

洗顔の時に注意することは、お水かぬるま湯で洗うこと。

夏の暑い時期はお湯で洗う人はいないと思いますが、寒くなる冬の時期も、熱いお湯では顔を洗わないようにしてください。

お湯の温度が高いと肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥の原因になるので気を付けて下さいね。

②日中の乾燥対策を

紫外線・クーラー・エアコンなど、肌は想像以上に乾燥にさらされています。
何もせずに放っておくと、乾燥はどんどん進行してしまいます。

気軽な乾燥対策アイテムとして、持ち運びに便利なミスト化粧水を携帯して使用しましょう。

ただし、ミスト化粧水も多用するとかえって肌の乾燥を生み出しますので、過度な使用には気を付けて下さい。

③夜のお手入れ(※スキンケアをし過ぎない!)

夜のお手入れを欠かさないことは大事ですが、スキンケアのやり過ぎはかえって肌の乾燥を招きます。

美容液も乳液もクリームも使って、さらにスペシャルケアも!…となると、肌の負担になってしまいます。

乾燥が酷い時に集中的なケアをすることは大切ですが、毎日するのはオススメできません。

基本的なケアの化粧水→乳液だけでも、保湿効果は得られます。

普段は基本のスキンケアを行い、肌の状態に合わせて時々ケアアイテムを追加するなど、使い分けるようにしてみてはいかがでしょうか。

日常生活の行動が保湿に繋がる

①食事

化粧水などスキンケアによる体の外側からの水分補給以外に、食べ物による内側からの補給も大切です。

肌の本来の保湿力を高めるためにも、食事には気を使いましょう。
肌の保湿力を維持して乾燥予防にも効果的なのは、以下の食べ物が挙げられます。

野菜:アボカド・にんじん
青魚:イワシ・アジ
大豆類:納豆・豆乳


気軽に手に入る食べ物でも、保湿力を高めてくれる物はたくさんあります。まずは自分の好きな食べ物から取り入れてみてください。

②睡眠

お肌を綺麗にする秘訣は、睡眠時に分泌される「成長ホルモン」です。

よく夜の10時~深夜2時までは『お肌のゴールデンタイム』と言われるように、この時間帯は成長ホルモンが活発に働いて肌を綺麗にしてくれます。

反対に睡眠不足が続くと成長ホルモンがうまく働かないので、肌荒れの原因になります。

寝不足が続いた時に「何だか肌の調子が悪い…」と感じることって結構ありますよね?

しっかり眠らないと肌の保湿力も育ってくれないのです。

③運動

運動不足は体内の血液循環を悪化させる原因になります。
血液はお肌の元になる細胞に栄養を運んでくれるので、その流れが悪くなると、細胞は栄養不足になってしまいます。

血液循環を良くして細胞を活発化させるためには、適度な運動が鍵となります。

忙しい日々の中、毎日運動することは難しくても、一駅分多く歩く、エレベーターやエスカレータを利用しないで階段を使うなど、日常生活で出来る動きを少しずつでも取り入れてみましょう。

④水分補給

水を飲んでいる女性

潤いに欠かせないのは、やはり『水』です。体にもお肌にも必要なのは水分ですからね。

よく「1日に最低2リットルは飲むように」と言われますが、実際は毎日2リットルも飲むのは中々難しかったりします。

でも水分補給をすることは重要ではあるので、こまめに水分を取るように意識しましょう。

必ず2リットル飲まなきゃ!と頑張りすぎると続けられなかったり、ストレスになりますので、まずは意識して飲むようにするだけでも大丈夫です。

特にデスクワークの女性は、パソコンと睨めっこしていたら1日が過ぎていた。
飲み物は昼食で飲んだスタバのコーヒーだけ…。という人が結構多いので、水を飲むことを意識するだけでも変わりますよ。

絶対やらないで!保湿から遠ざかるNG行動

①洗顔のみのケア

メイクは最低限オフしても、その後のケアは何もしないって人、意外と多いですよね。

仕事が忙しく、夜遅くに帰ってきてスキンケアまでやれない…という気持ちは良く分かります。

ですが、お肌のためを思うならあと1分だけ頑張ってください。

洗顔後のスキンケアは化粧水で水分を、乳液・クリームで油分を補う役目があります。

それを放置して洗顔だけで終わらせてしまうと、何もケアされなかった肌は乾燥まっしぐらです。

翌日の朝、肌がどんな状態になるかは言わなくて分かりますよね?

肌の調子が良いと、不思議と元気も出てくるものです。肌のためにも、翌日のモチベーションのためにも夜のスキンケアは行いましょう。

どうしても忙しくてスキンケアの時間が取れない場合は、1アイテムだけでスキンケアが完了するオールインワンタイプの化粧品もあります。

今はかなり優秀なオールインワンもありますので、手持ちのスキンケア商品に加えるだけで役立ちますよ。

②化粧水だけでスキンケアを完了させる

べたつきが嫌だからと言って化粧水だけで終わらせる人もいると思いますが、やはり水分だけでは保湿は完了しません。

乳液やクリームは化粧水で潤った肌に油分のフタをする効果があるので、化粧水だけでケアを終わらせてしまうと、フタのない肌からせっかく取り込んだ水分が蒸発してしまいます。

今はさっぱりタイプやべたつかない乳液もたくさんありますので、自分のお気に入りを見つけてみて下さい。

③パックをしたまま長時間放置

顔にパックをしている女性

保湿のためにパックをしていても、気付いたら放置したままですっかり乾いてた…ということってありませんか?

パックは保湿ケアにはとても効果的なアイテムですが、使用時間を超えたまま放置すると、乾燥の原因になります。

肌は吸収できる水分の量が限られているので、パックをそのまま放置していると、吸収しきれなかった水分が蒸発して乾く時に、肌の水分も一緒に奪ってしまいます。

保湿のために使用したアイテムで乾燥してしまっては、意味がありませんよね。

パックはほとんどの商品が使用目安の時間が記載されているので、目安時間はきちんと守りましょう。

どうしても忘れそうな時は、スマホでアラームを設定するとうっかり放置を防げますよ。

意外と忘れがちな首の保湿

  女性の首

顔や体の保湿は行っていても、意外と忘れがちなのが首の保湿です。

顔と体を繋ぐ首は、わたしたちが思っている以上に人に見られがち。

メイクをする場所ではないですし、洋服で隠れる部分でもないので、首は想像以上に目立ちます。

よく「年齢は首に現れる」と言われているように、首のケアを放っておくと乾燥によるダメージが蓄積していきます。

日々のお手入れの中に、首の保湿も忘れず追加してあげるようにしてください。

首の保湿ケアも、顔や体のスキンケアと同じです。
お風呂上りに化粧水で水分を補った後、乳液やクリームで油分のフタをします。

首の皮膚は体の中でも特にデリケートなので、強い力でこすらず優しくケアしてあげて下さいね。

朝の洗顔後は顔に使用したコットンに化粧水を追加して、そのまま首元に滑らせてもOKです。

紫外線対策の日焼け止めも、首への塗り忘れは結構多いので忘れないでください。

体の保湿もしっかりと!

顔の保湿と同様、体の保湿ケアも大切です。

顔に比べて、体の保湿ケアはボディクリームをすぐに塗って終わりがちです。

しかしお風呂上りの乾燥を防ぐためにも、ボディローションで水分を補ってから、ボディクリームを塗るようにするのがベスト。

保湿の効果を高めるためには、まず最初にボディオイルを塗ってマッサージすることもオススメですよ。

保湿ケア実践者の口コミ

  • スキンケアは必要最低限に。
    ★★★★★ (28歳)

    スキンケアをしてるつもりだったのに、肌荒れが酷かったのでコスメを買いに行ったときに美容部員さんに相談。

    化粧品を色々使いすぎちゃってたのが原因みたいでした。いったんスキンケアを化粧水と乳液だけに減らして、水を今までより飲むようにしました。

    しばらくは何も変わらなったけど、最近になって肌荒れが落ち着いてきました。

  • オールインワンタイプの化粧品がおすすめ。
    ★★★★★ (32歳)

    化粧品は割と高めのものを使ってましたが、乾燥が酷くなって困っていました。

    睡眠不足も続いていて乾燥が余計に悪化したので、ちゃんと睡眠は取ることに。

    特に夜は忙しいとスキンケアをさぼっていたこともあったので、乾燥に効くオールインワンタイプの化粧品を購入。

    これだけでお手入れが済むので、正直とっても助かっています。乾燥も少しずつですが良くなってきました。

  • ボディケアも…。
    ★★★★★ (23歳)

    顔はちゃんと保湿してたけど、ボディの保湿をさぼっていたら乾燥が原因でめっちゃかゆくなって大変でした。

    お風呂上りは化粧水をつけてボディクリーを塗るのをひたすらやっていたら、割と早めに治りました。

    やっぱりボディもちゃんと保湿しなきゃダメみたい。でも保湿続けてたら肌もしっとりしてきて調子良い!

保湿は毎日続けることで綺麗に繋がる魔法

顔にクリームを塗っている女性

潤いのある綺麗な肌は、日々の保湿ケアによって育まれます。1日で急に完成するものではありません。

だからこそ、毎日の土台作りが欠かせないのです。体が栄養を取るように、お肌にも必要な水分と油分を与えて、大切に育てていきましょう。

あなたの肌を誰よりも綺麗にするのはあなた自身です。

ある時ふと鏡を見て潤いのある美しい肌にハッとした時、綺麗の魔法があなたにかかった瞬間です。

ここだけ押さえれば大丈夫♪

 
  • 保湿とは、肌が適度な潤いを持っている状態のこと。
  • 瞬間的な保湿は保湿ではない。素肌から潤いを保てる状態にならないと意味なし…。
  • 正しい保湿ケアは【洗顔・乾燥対策・夜のお手入れ】!!
  • 日常生活の行動も保湿に繋がる。食事や運動など、出来ることから意識してみて。
  • 保湿から遠ざかるNG行動も存在!心当たりがある人は今すぐ止めましょう…。
  • 首の保湿は忘れがち。顔と体を繋ぐ重要な場所こそお手入れを!
  • 体の保湿もしっかりと。ボディローションも忘れずに。
  • 保湿ケア、実践している人はやっぱり保湿の効果を理解している。
  • 保湿は日々の積み重ねによる魔法。綺麗の魔法は自分でかけられる♪

先頭へ

目次へ