MENU

髪のうねりが気になるアナタへ!正しいヘアケアが髪質改善の近道!

「最近髪がパサつくようになってきた…」
「雨の日は髪が広がる…」

髪質によるクセ毛や、季節の影響で髪の毛がうねってしまう。

こんな髪のトラブルで困っている方、多いと思います。

実は、気になる髪のうねりは正しいヘアケア方法で解決できるのです!

ヘアケア方法を紹介する前に、まずはうねりの原因をいくつか紹介しますね。

うねり毛の原因…知ってる?

こちらを見つめる金髪女性

うねりの原因は大まかに分けて5つ!

①生活習慣の積み重ね
②頭皮の環境
③洗い方
④乾かし方
⑤遺伝

これから、①~④の原因を少しだけ解説しますね。
⑤以外は意識次第で改善できるので、一緒にがんばりましょう♪

①生活習慣の積み重ね

睡眠不足、食生活、ダイエットやホルモンバランスの乱れ。
極端に太い髪や細すぎる髪が生えて、うねりとして見えるんです。

髪以外に、体へのよくない変化を感じていませんか?
思い当たるなら、さっそく生活習慣改善の見直しを始めましょう。

②頭皮の環境

シャンプーやトリートメントはしっかりすすげていますか?

毛穴に油などの汚れを残すのはもちろん。
シャンプーやトリートメントを残すのもNG。。。

毛穴の入り口を汚れで塞ぐと、うねった毛が生えやすくなります。

しっかり洗い流しましょう。

③洗い方

頭皮を強くもんだり、硬いシャンプーブラシを使っていませんか?
強い刺激は頭皮や髪の毛を痛めます。

顔を洗うように、泡で優しくもみ洗いしましょう。
シャンプーを泡立てずに、髪の毛でもこもこ泡を作るのもNG!

④乾かし方

タオルでガシガシ拭いていませんか?
髪の毛のキューティクルはとてもデリケートです。

こすり合わせたり大雑把に拭くと、キューティクルはボロボロ。
頭をタオルでグッグッとおさえる様に、水気をとりましょう。

うねりの原因番外編:髪の水分バランスの乱れ

髪の水分が不足すると空気中の水分を髪が吸い込みます。

水分を取り込んだ髪の毛に、うねりが発生。

雨の日や湿度が高い日は特にうねりがひどく感じますよね。

濡れたままの髪は、毛先がうねりやすくなるのです。

うねりの原因まとめ

髪のうねり①~④までは、私たちの意識次第で変えられます。
生活習慣もお風呂も、まいにちの積み重ね。

出来ることからコツコツと。
ホームケアの小さな積み重ねが、うねりのない髪を作るんです♪

シャンプーの選び方:3つの条件

頭皮の脂に合わせた洗浄力
保湿効果の高いもの
頭皮にダメージを与えにくいアミノ酸洗浄のもの

以上の条件を満たしたシャンプーで毛先のうねりを解消させましょう。

おすすめのシャンプーとトリートメント

おススメのシャンプーとトリートメントを2つご紹介します。

どちらも私たち編集部が使って良かったもの♡

レビュー記事もあるので、気になったら見てくださいね^^

オススメのヘアケア【ラスティーク】

ラスティークシャンプートリートメント

「美容液から作られたシャンプー」がテーマのラスティーク!

10種類の天然美容オイルが毛先にうるおいを与えて、やさしくいたわりながら髪を補修。

やわらかでキメ細かい泡がやさしく、ていねいに洗い上げます。

ローズジャスミンの上品な香りは、大人の女性にピッタリ♪

ハリ・ツヤ・コシのある髪に仕上げてくれます。

公式サイトはこちら♪



オススメのヘアケア【プレミオール】

海泥でしっかり汚れを落とし、オイルとハーブで頭皮を健康に。

海藻成分がたっぷり入った海のチカラで、潤いを守ってくれます。

潤い守って、汚れスッキリの万能タイプ♡

“しっとり・サラサラ・まとまる”

理想の髪に近づくためには、頭皮という土台ケアから始めましょう♪

公式サイトはこちら♪



正しい髪の洗い方

良いサロンに通ってない限り、髪の洗い方はみんな自己流。

間違ったやり方だと、余計なトラブルを招くことも。

髪の毛は女性の命ともいえる大事なもの。

正しい髪の洗い方を知ってサラサラヘアーに近づきましょう!

始めに予洗いをしておく

髪を濡らすだけではなく、お湯で1分程度予洗いをしておきましょう。

36度のぬるま湯ぐらいの温度がベスト。

予洗いをすると髪の毛の汚れはほとんど落ちるんです。

そのあとシャンプーをすると、よりキレイに!

きちんと泡を立てて洗う

シャンプーをする前に髪の毛の水気を絞ってください。

シャンプー用の泡立てネットがあるといい感じ♪

洗面器などに作った泡を入れておきます。

もこもこ泡で揉み洗いすれば、頭皮も髪もダメージが少ないですよ!

トリートメントは水気をとって

水気をとってから、トリートメントを毛先から馴染ませます。

手について残った分を、頭のてっぺんに馴染ませましょう。

最後にコームでささっと髪をとかして少し時間をおけばOK

すすぎもしっかりていねいに

上を向いて生え際から流していきましょう。

すすぎ残しは、ヘアトラブルの元!

頭のてっぺん、耳のあたり、後頭部など。

シャワーヘッドを動かしてていねいに流しましょう。

ドライヤーの使い方で美髪に近づく!

ドライヤーで髪を乾かす女性

濡れた髪のまま自然乾燥させると、キューティクルは剥がれやすくなります。

パサつきやうねりが強くなる原因を作ってしまうので、手早く乾かしましょう。

理想のサラサラ美髪を目指すならドライヤーは必須ですよ♪

ドライヤーを使用する前にタオルドライ!

タオルドライも、ていねいにやさしく。

タオルで頭皮を包み込むように。
ぎゅ~っと水気を吸い取ります。


ある程度吸い取ったら、いそいで髪をとかしましょう。
髪を乾かすのは時間との勝負です!

ドライヤーは根元部分から!

乾きにくい根元部分から毛先に風が流れるように。
なるべく温度が低いほんのり暖かい風で乾かします。

熱風で乾かすよりも、温風でキューティクルを守るように。
頭のてっぺんから、下へ風を送ります。

毛先にあてると痛みやすいので、なるべく当てないでくださいね^^

7割くらい乾いたら、最後は涼しい風で髪をクールダウン。

ここでキューティクルがきゅっと閉じてくイメージで♪

冷風までがドライヤーのお仕事です。

髪質を改善して美髪に近づこう!

肩だしをしている女性

髪は付き合い方を変えるだけで、少しずつ良い方向に変化していきます。

洗い方だったり、乾かし方だったり…。

手間暇かけて大事に育てていきましょう。

美髪は1日にしてならず!日々のお手入れを大切に^^

ここだけ押さえれば大丈夫♪

  • 髪のうねりの5大原因!
    └①生活習慣の積み重ね
    └②頭皮の環境
    └③洗い方
    └④乾かし方
    └⑤遺伝
  • ①~④までは意識を改善すれば解決も近い!
  • シャンプー&トリートメントをしっかり選ぼう
  • ヘアケアは髪の洗い方&乾かし方が重要
  • 正しいヘアケアをすれば髪もキレイになって応えてくれる♪

先頭へ

目次へ