MENU

産毛処理で失敗しないために知っておきたい3つの疑問は?処理をすべきかどうかから処理後のケアに関してまで解説!

あなたは産毛の処理どうしてますか?

体のパーツによってはムダ毛の処理をしているという女性がほとんどかと思いますが、顔の産毛などは薄い分処理をあまりしない人も多いのではないでしょうか。

また、処理をしているという人も顔はデリケートな部分であるだけに、処理に関して色々な悩みを抱えている場合も。

そんなムダ毛処理にまつわる疑問についてご紹介していきます。

気になり出したら止まらない顔の産毛

うかない顔の女性

産毛は体のあちこちに生えているものですが、産毛処理となる時になるのは顔の産毛ですよね。

口周りや眉間、おでこなどを処理している女性もいらっしゃるかと思いますが、1番気になるのは口周りではないでしょうか。

男性であればヒゲにあたる部分ですが、ここに産毛がしっかりと生えてしまっていると女性らしさが一気に急降下な印象になります。

飲み会で気になる男性と隣の席になれたにもかかわらず、口元に産毛が生えていたら堂々と彼の方を向けませんよね。

男性側も顔の産毛は意外と見ているらしく、飲み会の例では、近くにいなくてもビールの泡で女性の産毛に気づくなんて人も。

女性らしさに加えて男性からの目線、顔の産毛は気になりだしたら止まらないムダ毛です。

産毛処理における3大疑問

横たわる女性

女性にとってムダ毛処理は、やらないといけないこと並みにマナーのようなものになっていますよね。

しかし、同じムダ毛でも産毛、特に顔の産毛は女性一人一人でスタンスが違う場合があります。

というもの、顔の産毛処理について女性なら考えたことがある3大疑問があるからです。

まずは、「そもそも産毛は処理するべきなのかどうか」。

女性によっては産毛が薄く気にならないレベルであるため、処理で肌に負担をかけるよりは放置したほうが良いという考えにも関係する内容です。

後の方でも書きますが、産毛を処理しないことによるメリットも確かにあります。

なので、どちらが正しいというよりは、個人差の大きい基準であると言えるでしょう。

次に、「薄い産毛も剃ると濃くなるのか」。

男性でも言われることですが、毛を処理すると濃くなってしまうのではという疑問、というよりは心配ですね。

実体験がともなっていたり、人からよく聞く話だけに気にしている人も多い内容となります。

三つ目が「処理方法は何がベストなのか」

いざ産毛処理を決意した人が直面する疑問です。

肌へのダメージや効果的なやり方を求めて、日々いろいろと調べている女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも産毛は処理した方がいいの?

悩む女性

そもそも産毛は処理するべきなのかどうかについて、あなたはどう考えていますか?

産毛が薄い人はほとんど処理していないという人もいるでしょうし、逆に結構ハイペースで処理している人もいるのではないでしょうか。

産毛の濃さによって答えが別れてしまう疑問ですよね。

ここでは“特別濃いわけではないけど、極端に薄いわけじゃない”くらいの中間な人向けに、産毛処理をするしない、それぞれのメリットをご紹介します。

産毛を処理することによるメリット

では、産毛を処理することによって私たちに生まれるメリットを見ていきましょう。

産毛の中でも顔に焦点を当てた場合のメリットは、以下の様なものがあります。

  • 化粧ノリが良くなる
  • 肌のトーンが明るくなる
  • スキンケアの効果がアップ

メイクをする際、産毛が邪魔してファンデーションが浮いてしまったことってありませんか?

ある程度の長さをしている産毛は化粧ノリを悪くしてしまうので、ムダ毛処理はメイクをばっちり決めるために一役買ってくれるのです。

また、日本人の毛は黒いので、処理することによって毛そのものはもちろん、産毛によって肌にできてしまうわずかな影もなくなります。

さらに、普段のスキンケアで使っている美容液は肌の深くまで浸透しなければ確かな効果が得られませんが、産毛がこれを邪魔していることがあります。

産毛の処理は、美容液の浸透を助け、スキンケアをより効果的なものにしてくれるのです。

産毛を処理しないことによるメリット

ここでは、反対に産毛の処理をしないことによってもたらされるメリットを挙げていきます。

  • 肌を傷つける心配がない
  • 紫外線、チリやホコリなどの外的刺激から肌を守ってくれる
  • 毛穴をキレイに保つ
  • 小顔効果

産毛は全身いろいろなところにあり、その場所で肌を守る働きがあります。

紫外線などの刺激からも肌を保護するので、産毛を残すことで将来のシミシワを軽減してくれるのです。

また、処理しないことで産毛の生え変わりサイクルがきちんと守られます。
それにより、産毛が抜け落ちるタイミングで汚れや老廃物を一緒に掃除してくれ、キレイに毛穴掃除が可能です。

また、処理するメリットの方で肌トーンが明るくなると書きましたが、処理しない場合にできる影が小顔をもたらしてくれるます。

特に輪郭部分は効果が見えやすく、メイクをしていなくても小顔を演出できちゃうのです。

剃ると濃くなるって聞くけど本当?

毛は剃ると濃くなるってよく言われますよね。

いつどこでこの話が生まれ広まっていったのかは定かではなりませんが、火のないところに煙は立たないとも言いますよね。

実際のところどうなのかと言えば、『ムダ毛処理で濃くなることないけど、結果として濃く見えてしまうことはある』という結論に落ち着くようです。

濃くなることを気にしてムダ毛処理をしたくでもできなかった人にとって朗報といえるかもしれませんね。

しかし、処理した結果濃く見えてしまうのであれば同じことと思う人もいるでしょう。

見た目を良くするためにやった行為で見た目へ影響が出るのでは意味がありません。

ただ、産毛の濃く見えは対処することで気にならない程度に防止することができます。

適切な対処のためにも、濃く見えてしまう原因を知っておきましょう。

剃ると毛が濃くなったと感じる要因

産毛処理の後、毛が濃くなったと感じる・見えてしまうのにはきちんとした要因があります。

  • 毛の断面が見えてしまうため
  • 毛の成長に伴う問題

毛は根元ほど太く先っぽになるほど細くなります。

カミソリなどでムダ毛を処理すると根元近くで毛をカットすることになるので、その毛先より太い切り口が現れることで太く見えてしまいます。

また、太い切り口のまま毛が成長したり、毛の成長のタイミングで生活習慣によるホルモンバランスの乱れが、結果として毛を太くしてしまうことにつながるのです。

なので、産毛処理後に毛が太くなったと感じないためには、食事や睡眠などの生活習慣を整えること。

そして、処理の際に毛の断面を意識して剃ることが大切になります。

産毛処理にはどんな方法があるのか

メモを取る女性

「処理方法は何がベストなのか」

産毛処理を心がけている人にとっては、はっきりさせておきたい疑問ですよね。

カミソリや毛抜きなど、処理に使うアイテムももちろん重要ですが、同じくらい事前の準備とアフターケアも大切です。

アイテム選びで考えるべきことに加え、準備やケア周りも含めた産毛処理方法についてご紹介していきます。

まずは準備から

産毛を処理する前に確認しておきたいことをまとめてみました。

肌を傷つけず産毛を剃るために必要な内容ですので、実践してなかった項目があれば次にやる時から取り入れてみてください。

  • 洗顔して肌を清潔にしているか
  • カミソリを使う場合、古くなっていないか確認
  • 蒸しタオルなどで毛は柔らかくなっているか
  • 乳液やシェービング剤は使っているか

特にカミソリが古くなっていないかは必ず確認し、できれば古くなる前に新しいものと好感するよう心がけましょう。

「蒸しタオルなんてやってない!」

シェービング剤とカミソリなどがあれば確かに産毛は処理できます。

しかし、毛を剃るという行為にはどうしても負担が付きまとうもの。

そんな負担を少しでも軽減するために、事前に蒸しタオルで毛を温め柔らかくしておきましょう。

そうすることで、カミソリがスムーズに毛を剃ってくれます。

蒸しタオルはレンジで簡単に作れるので、実践してみてください。

カミソリか電動シェーバーが一般的

処理する際に使用するアイテムについて。

顔に限らず腕や脚の産毛を処理する時でも、一般的に使われているのはカミソリまたは電気シェーバーです。

比較的安価で購入することができ、一度に広範囲の処理可能なのが魅力となっています。

しかし、刃を使う分肌を痛めてしまう可能性があり、カミソリは直に刃を当てることになるため角質ごと削り取ってしまうことも。

他の処理方法では毛抜きや糸脱毛、家庭用脱毛器を利用したものがありますが、痛みがあったり肌へのダメージが強かったりとマイナス面もちらほら。

なので、「毛の流れに合わせて剃る。逆剃りはしない」「顔の産毛処理頻度は2週間~1ヶ月」

これらを守ることでできるだけ肌へのダメージを減らしつつ、カミソリまたは電気シェーバーで産毛を処理することをオススメします。

処理後もケアをしっかりと

カミソリ負けなどの肌トラブルを防ぐためにも、剃った後のアフターケアはしっかりと行いましょう。

シェービング剤を使った場合は、残ってしまわないようきちんと洗い流してください。

その際に冷水を使うと、肌が冷やされカミソリ負けによるヒリつきを防げますよ。

また、処理後の肌は負担がかかっているので外的刺激に弱くなってしまいます。

化粧水や美容液を使って保湿し、乾燥から肌を守るよう心がけましょう。

気持ちも大事。だけどお肌の状態も大事

顔の産毛は普段まじまじと見る機会がないから気づきにくいですよね。

他人に指摘されて気がついた時なんて顔から日が出るんじゃないかって暗い恥ずかしい思いをしてしまいます。

そうでなくても一度気になりだしてしまった産毛は、キレイさっぱりに処理したいものです。

ですが、元々毛が薄い部分であるだけに、処理の頻度は減らしたほうが良いなんて話も聞きますし、
将来の肌コンディションを考えたら、毎日のようにやってはいけないのも納得せざるを得ません。

産毛を目立たなくしたい気持ちも大事。けど、負担によって肌トラブルが起きないよう肌の状態を気にかけるのも大事。

どっちかではなく、どっちも疎かにすることなく正しいやり方で効果的かつ肌へのダメージの少ない処理を意識しましょう。

ここだけ押さえれば大丈夫♪

  • 顔の産毛は処理する処理しないそれぞれにメリットがある
  • 処理するメリットは、化粧ノリの良さや美白効果など
  • 処理しないメリットは、肌を健康な状態に保つのに役立つこと
  • 産毛は剃っても濃くならない。けど、場合によっては濃く見えてしまうことも
  • 処理の前にしっかり準備、後にきちんとケア
  • カミソリやシェーバーを使う場合、肌への負担を最小にするよう心がける

先頭へ

目次へ