【人気スタイリスト安西こずえさん発】 定番デニムこそ、こだわって選ぼう!

GINGER編集部ファッション班

GINGER10月号「大人のおしゃれ、始めましょう」企画では、独特の女らしさと“今”の気分を両立させた秋ファッションをレクチャーしてくれた、カリスマ的人気スタイリスト、安西こずえさん。

今回は、彼女自身も相当のこだわりを持って選んでいるというデニムアイテムをご紹介します!

2017.09.08 更新

♡3,270 views

ずーっと続いている、リーバイス愛♡

DMA-_YOS3694

 

「私のファッション歴を振り返ってみると、おしゃれに目覚めたころに最初に出合ったデニムがリーバイス501のヴィンテージだったんです」と語る安西さん。それ以来、浮気することなくリーバイスをはき続けているそう。スキニーが流行っていたころも、501以外は興味がわかなかったというから、その熱愛ぶりは相当なもの!

 

写真は私物コレクションの一部。ショートパンツでの大人の肌見せや、ダメージによる抜け感が、“女性らしい色気や遊び心をプラスする”という安西さんのスタイルを物語っています。

 

DMA-IMG_2392

 

こちらは、安西さんの自宅を取材したときに見つけた、山積みのヴィンテージリーバイスデニム。

 

軽く50本以上はありますね。これでもだいぶ整理したんですけど(笑)。デニムはお気に入りの古着ショップ、ベルベルジンで購入することが多いです」

丈バランスを生かした、新しいおしゃれに挑戦

202

 

秋の提案スタイルは、短×長のレイヤードバランス。一見難しそうな旬バランスを支えるのにも、やはりデニムは必要不可欠。

 

「とりあえずトップスイン・・・みたいなスタイルに飽きてきたので、絶妙にお腹がチラリ見えるくらいのショートビスチェが気になってます。ロング丈のガウンニットを羽織って、短×長のシルエットを作るのがおしゃれ。ビスチェは難易度高めのトレンドアイテムなので、ボトムスにはデニムパンツの安心感がほしいところ」

今、表参道ヒルズに“安西こずえ旋風”が!

image1

 

そんな安西さんが手がける、大人のリゾートウェアブランド「mikomori(ミコモリ)」。昨年デビューし、おしゃれに敏感なファッショニスタの間で人気が爆発! 今まではオンラインストアと、1号店であるハワイのロイヤルハワイアンでしか購入できなかったのですが、先日待望の国内旗艦店が表参道ヒルズにオープンしました。

 

表参道ヒルズB2Fの新店舗では、mikomoriの代名詞となる大人水着の新作を通年で取り揃え、これまで同様のリゾートドレス、アクセサリー、ホーム雑貨のほか、日本のリアルを意識したアイテムも目白押し。

 

image3

 

ゆったりくつろげるように設置されたソファーも、レジカウンターも、安西さんならではのセンスと華やかさ。

 

aaa

 

秋冬に向けて、カシミアニットのコレクションも登場するそうです。もちろん、安西さんこだわりのオリジナルデニムも展開しているので、ぜひショップに足を運んでみてください!

 

 

mikomori(ミコモリ)
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズB2F

TEL:03-6447-5448

11:00~21:00 無休
https://ssl.mikomori.us.com/

2017.09.08 更新

♡3,270 views

関連キーワード