秋おしゃれは足元から! 晩夏から履ける秋靴デザイン3選

GINGER編集部ファッション班

湿気が高くムシムシとした暑さが続いていますが、あと数日でもう9月! 暦の上ではもう、秋の到来ですね。とはいえ、いきなり袖の長いトップスに切り替えたり、ニットを着る気になんて、到底なれるはずもありません。
そこで、まずは服でなく靴をシフトさせるのがおすすめ。足元に秋気分をほんのり取り入れるだけで、コーディネート全体に季節感を出すことができますよ。

2017.08.28 更新

♡8,812 views

素材で秋を感じさせる「ベルベット」

これまで、秋っぽさを取り入れるのに有効とされてきた素材といえば、スエード。でも、今年はそこに、大きな変化が見られます。

今、なにより秋素材として注目されているのが「ベルベット」。素材自体にあまりなじみがなく、ためらってしまうという人もいるかもしれませんが、靴なら面積の大きい服よりも断然取り入れやすいはず! 光沢感も強いため、実はスエードより上品に見せてくれる効果があるのです。

色のバリエーションも豊富で、あらゆる靴ブランドがこぞってベルベットの靴をリリースしています。もれなく上品さもついてきますので、あえてヴィヴィッドな色にトライしてみるのもおすすめですよ。

足元は“軽め”が鉄則! スリッパ型シューズ

去年に引き続き、スリッパみたいにリラクシングな靴が、この秋も継続ブームです。去年、出てきた当初は「こんな靴、平日履けない・・・!」と感じた人も多いかもしれません。でも、今年はバリエーションが一気に広がり、レザーや型押しなどのシックなデザインも豊富に揃っているので、きれいめな仕事服にサラッと合わせることもできそうです。

服で抜け感を出さなくとも、かかとがないというだけで十分、こなれた雰囲気が出せるので、いつものパンプスやローファーをこれに履き変えるだけで、今年っぽいスタイルに仕上がりますよ。

フォルムで差をつける! 甲深パンプスが狙い目

5379

 

指股が覗くような甲の浅いパンプスは、無条件に色っぽさを物語りますが、今季のトレンドはその真逆! 甲が深く覆われたカッティングが主流です。

甲深パンプスは、色っぽさよりもモダンでクラシカルな雰囲気が先行します。脱げにくくホールド感も強いので、ヒールでも安定感があり、タイツやブーツを取り入れるにはまだ早いかなぁというこの時季に、秋っぽさを先取りするのにちょうどいいのです。

「ヒール=女っぽい」のイメージが苦手な人にも是非、トライしてほしい新顔フォルムです。

 

 

気温を度外視して、暦通りに服を切り替えるのはなかなか難しいですが、靴であればそれは簡単。「ベルベット」「スリッパ型」「甲深」の3大トレンドからひとつ気になるデザインを取り入れるだけで、いち早く秋っぽさを手に入れることができますよ!

2017.08.28 更新

♡8,812 views

関連キーワード