Licensed by gettyimages®

Tシャツがあれば、「着回し・コスパ・カッコよさ」のすべてが手に入る!

GINGER編集部ファッション班

ほどよいプライスで、着回し度満点のアイテムといえばTシャツに敵うものはありません。梅雨→夏へと向かうこれからの季節、ざぶざぶ洗えるカジュアルな素材、というのもポイントが高いですよね。
一方で、何も考えずに着てしまうと、手抜き印象に見えてしまう恐れがあるのも事実。

誰もが持っている、なんてことないTシャツをおしゃれに見せるには、いったいどんな方法があるのでしょうか。すぐに実践できる、ちょっとしたテクニックをご紹介します!

2017.05.18 更新

♡1,043 views

シンプルコーデは“選び”が重要


Licensed by gettyimages®

白Tシャツ×デニムというシンプルな着こなしこそ、ディテールでおしゃれ感に差がつくというもの。特にTシャツ自体の選び方が重要です。

今季だったら、首元は詰まり気味のクルーネックがおすすめ。デニムにINして着ると、今年っぽいバランスに仕上がります。

 

日中は半袖一枚で過ごせても、夜になると急に冷え込むこの時季、こんな風に薄手の羽織りをプラス1するだけでも、おしゃれ感が見違えますよ。断然、ロング丈がおすすめです。

「Tシャツ+肩掛け」でおしゃれ度UP


Licensed by gettyimages®

同じく、白T×デニムのシンプルコーデに何かを足すなら、ちょっぴりハードなライダースも有効。ラフなTシャツに硬質な素材を重ねるだけで、コーデ全体が引き締まって見えるのです。気温の上がる日中は、肩にそっと掛けておくだけでも十分。このひとワザで、こなれ感がグッと増します。

上下ワントーンでまとめる

白Tコーデが、「普通」になりすぎないようにするためには、上下を白のワントーンでつないで洗練度を高める、というのも使えるテクニックのひとつ。女子度が高すぎで着づらいという人は、あえてメンズライクなミリタリーアウターをMIXするのもいいですね。

派手ボトムスを合わせる

無地の白Tを着るときは、全体をのっぺり見せないためにも、華やかな柄やヴィヴィッドカラーのボトムスを合わせると、平坦さをカバーすることができます。

白Tの裾を結んでみる


Licensed by gettyimages®

さらにおしゃれ度を高めるなら、派手ボトムスに合わせてみたり、Tシャツの裾を結んでアレンジする方法もあります。服のデザインを “そのまま着ない”とか “アレンジを加える”ということができれば、それはもうファッショニスタの証。開放的な夏の休日にぜひ、トライしてみてください!

イラストTでロックなムードに


Licensed by gettyimages®

黒デニムやレザーパンツを合わせてモノトーンに仕上げれば、一気にロックな雰囲気に。アーティストTシャツや、パンチの効いたプリントTがあれば、レイヤードなどしなくても着映え効果は十分です。

ロックなコーデは小物で味付け


Licensed by gettyimages®

ロックなTシャツコーデに、キャップやリュックなどのボーイッシュな小物でとことんメンズライクに仕上げるのもいいですが、エッジが効きすぎて難しい、と感じる人も多いですよね。そんなときはこんなふうに、マリン帽やチェーンバッグでさり気なく女性らしさを MIXさせるのがおすすめ。インパクトのあるロゴTが、辛口な女らしさを引き立ててくれます。

 

 

いかがでしたか? Tシャツコーデは、スーパーベーシックな着こなしから、ちょっぴりハードなスタイルまで、振り幅が圧倒的に広いのが特徴です。それだけ、アレンジや組み合わせも無限大ということ。この夏は、とことんTシャツをフル活用して、自分だけのおしゃれを思いきり楽しんでください!

2017.05.18 更新

♡1,043 views