MENU

顔のくすみ改善は日々の取り組みが大事!お肌の透明感を諦めないくすみ対策メソッド

顔のくすみは、あなたを老け顔にしてしまいます。
日々の積み重ねでできてしまうくすみは、やっぱり日々のケアで何とかする必要があります。

お肌の透明感を取り戻し、自信のある素肌を目指していきましょう。

鏡を見た時の違和感。顔と首の色が違う!

うつむく女性

「メイクを落とし、ふと鏡を見た時に顔と首の色が違っていた」

女性であれば、お仕事のある日だけでなく休日にどこかへ出かける時にもメイクをしますよね。

そのメイクによってお肌に負担がかかりクレンジングの際にメイクをきちんと落とせなかったりすると、結果としてお肌のくすみにつながってしまいます。

顔と首でお肌の色が違えば、その分メイクでカバーすることが増えてしまいます。

カバーが過剰になってしまうと、顔のメイクが浮いてしまい見る人に違和感を与えてしまうことも。

せっかくお化粧をしてもこれでは意味がありません。

メイクをバッチリ決めるためにも、顔のくすみ対策はちゃんと行う必要があります。

顔だけくすんでしまう原因

顔のくすみは、腕や脚など部位の色が暗くなってしまうのと同じく紫外線や乾燥によって引き起こされます。

他にも、血行不良や乱れた食生活、タバコなどもくすみの原因となっていることも。

特に、顔は腕や体と違い基本的にはむき出しであり、何より毎日のように化粧をすることで大きな負担を受けてしまいます。

外的刺激によるダメージが大きければ、その分コンディションも崩れてしまい、くすみにつながるのです。

私たちの顔は日々くすみの原因にさらされていますので、スキンケアの仕方だけでなく生活習慣といった部分にも注意を払う必要があります。

顔のくすみがなくなればいいこと色々

洋服を選ぶ女性

「くすみには色々な原因があるなんて、改善するのは大変そう」

原因がいくつも考えられ、改善が容易ではない肌悩みは面倒なケアをしっかりと続けるのも難しく感じてしまうでしょう。

避けられない加齢や日々のメイクを考えると、どうにもならないと諦めてしまうこともあるかもしれません。

しかし、顔のくすみを無くすことができれば、女性にとってさまざまなメリットがあるのです。

まず、くすみのある肌は暗い印象を与え老け見え肌になりますが、くすみがなくなれば明るい若見え肌になれます。

さらに、肌の色が明るくなれば肌の色ムラもなくなり、メイクもキレイに仕上げられます。
肌のツヤ感も増し、透明感のある美しい肌へと近づけるのも魅力的です。

くすみケアが面倒で諦めてしまいそう担った時には、これらのメリットを思い出してみてください。

まずは自分のお肌がどんなタイプのくすみであるかを知ろう

カップやメモなどの雑貨類

くすみと一口に言っても、原因によってくすみのタイプは異なります。

以下の特徴はくすみのある人に見られるものですが、それぞれくすみのタイプが異なり対処法もそれに合わせて変えていくと効果的です。

  • メイクの汚れがきちんと落とせていない
  • お肌がカサカサし、小じわなども目立ってきている
  • 紫外線対策が十分でない
  • 冷えやむくみに悩まされている
  • 甘い物が好きで血糖値が高い

日常の中で適度に経験する内容が多いかと思います。

これらの特徴が突出し過ぎたり、加齢による衰えなども合わさることでそれぞれのタイプ別のくすみとなってしまうのです。

気をつけたい顔の夕方くすみ

朝は特に何ともなかったのに、夕方頃になるとくすみが目立つ。

年代問わず悩んでいる人が増えていると言われるのが、夕方のくすみです。

朝メイクをして仕事をこなし、いざ楽しみにしていた仕事終わりの段階になって鏡を見たらくすんでいた。
そんな事態に陥ったらとてもショックですよね。

夕方からみられるくすみの原因としては、通常のくすみと同じです。

主な要因は朝起きてから時間が経つにつれ血行が悪くなったり、エアコンの効いた職場での体の冷え・乾燥です。
それにより、朝目立たなかったくすみが夕方になって現れることもあります。

夕方のみに起こるくすみは、くすみの中でも初期の症状とされています。
気にせず放置してしまうと、いつもは朝になればなくなっていたはずのくすみがお肌に定着してしまうなんてことも。

くすみは発見した段階からしっかりとしたケアを行う必要があるのです。

顔のくすみにサヨナラするためのメソッド

祈るようなポーズの女性

くすみを解消しようと色々と試してみたりしたのになかなか消えてくれない場合、適切なケアが行えていない可能性があります。

原因に合わせて適切なケアをすることができればより早く解消されるだけではなく、習慣化することで今後歳を重ね肌機能が衰えてきても、くすみの予防につながっていきます。

自分のお肌のくすみは何が原因で現れているのかを踏まえた上で、くすみにサヨナラするためのメソッドを5つ紹介してきます。

お肌の汚れをきちんと落とす

皮脂が過剰に分泌されていたり、メイク落としが十分でなかった場合、くすみの原因となるだけでなく、ニキビなど別の肌トラブルを招いてしまうことにもつながります。

手をしっかり洗って雑菌を落とす。
しっかりメイクにはオイル、ナチュラルメイクならクリームタイプでメイクに合ったクレンジングをする。
洗浄力の強すぎない洗顔料を使い、たっぷりの泡で優しく洗顔する。

スキンケアの基本は「お肌に優しく」です。
汚れを気にして洗浄力の強いものを使ったり、ごしごしと擦るのは逆効果になります。

汚れはしっかり落とす、けどお肌には負担をかけすぎないよう優しくケアしましょう。

乾燥によるくすみをしっかり保湿

お肌が乾燥していると、キメが乱れてしまい肌表面が凸凹とした不均一な状態になってしまいます。

凸凹状態の肌は光を受けた時に影を作ってしまうので、肌の印象が暗くくすんでしまうのです。

洗顔やクレンジングで皮脂を取りすぎないよう注意し、化粧水や乳液でしっかりと保湿するようにしましょう。

特に普段から乾燥肌に悩んでいる女性の場合、皮脂を取り過ぎている可能性があるので注意が必要です。

乾燥がいっそう厳しくなる冬は、美容液や保湿パックなどを用いたスペシャルケアも取り入れることで乾燥に負けないお肌を作っていけます。

UVケア

女性が外出時に特に気にするのが紫外線ですよね。

晴れた日も曇りの日も、夏も冬も、近場のコンビニに行く時も仕事の時も欠かすことができないのがUVケアです。

日焼け止めクリームやUVカット効果のあるパウダーファンデーションで外出時のケアをしっかり行いましょう。
UVケアは何より紫外線をシャットアウトすることが重要です。

また、夜のスキンケア時にはビタミンC誘導体を含むアイテムを使うと、メラニンの生成を妨げたり、既にあるメラニンの色を薄くしていく効果があります。

紫外線のシャットアウトとスキンケアによるアウターケア。
2つ合わせて行うことで、より効果的なUVケアになります。

血行を改善する

女性にとって、冷えは1年中つきまとう問題です。
冷えからくる血行不良がくすみの原因となってしまうこともあります。

また、気温などの外的要素だけでなく、運動不足やストレスなどでも血行不良を招いてしまいます。
なので、普段から冷え性に悩んでいる人ほど、血の巡りを良くするケアが大切です。

温かい物を飲んだり、ウォーキングなど運動の週間を身につけて体が冷えないよう心がけましょう。
入浴は体を温めるだけでなく、リラックス効果によるストレス解消も見込めます。

他にも、顔に蒸しタオルを当てたりマッサージをすることで、血行をよくすることができます。

冷えの改善はくすみ解消だけでなく、女性にとってはさまざまな恩恵がありますので積極的に対策していきましょう。

食事によって体の内側からくすみ対策

お肌のくすみは、メイクや紫外線などがお肌の外側からくる刺激だけが原因ではありません。

タバコや日常で食べている物が、巡り巡ってくすみへとつながっていきます。

必要以上に摂取してしまった糖質は、タンパク質と結びつきAGEsと呼ばれる褐色の物質になります。
これらがお肌をくすませる原因になることも。

女性にとっては楽しみの一つでもあるスイーツも、取りすぎないようしかければなりません。

昨日は甘い物を食べたから今日は控えよう、と自分なりのルールを決めるといいでしょう。

また、食べる順番もAGEsの生成に大きくかかわります。
食事の際は、野菜など食物繊維の多いものから食べるよう心がけましょう。

今すぐくすみを何とかしたい。そんな人のためのメイク術

メイク道具

ここまで、顔のくすみを解消するためのメソッドを紹介してきました。

どれも健康的で美しい肌を手に入れるために必要なことです。
全部とはいかなくても、自分のお肌の状態にあった方法だけでも、実践すればくすみのない明るいトーンのお肌へと近づけます。

しかし、顔の解消メソッドは、やってすぐに効果が出るものではなく、しばらく継続していく必要があります。

女性であれば突然男性から食事に誘われたなど、どうしても今すぐこのくすみを何とかしたという時もありますよね。

そんな時のために、くすみをカバーするためのメイク術についても知っておくと、いざという時に便利です。

コントロールカラーと呼ばれるお肌の色味にまつわる悩みを補正してくれる色に気を配るようにしましょう。

・乾燥による灰色っぽいくすみ→イエローを使い健康的な肌色へ
・紫外線による茶色っぽいくすみ→オレンジ色で暗さをカバー
・血行不良などが原因の青白いくすみ→ピンク色を使い明るさを演出
・食生活などに起因する黄色っぽいくすみ→パープルまたはブルー系で透明感を出す

くすみ対策は日々のケアが第一

くすみはお肌を暗い印象にし、実年齢よりも老けて見られる要因になります。

初対面の人はまず見た目でどういう人なのかを判断するかと思いますが、くすみが目立つお肌は第一印象から損をしてしまいます。

今現在くすみで悩んでいる人もキレイなお肌をキープしようとくすみ予防を考えている人も、大切なのは日々のケアです。

私たちの体は一時の対策では望んだとおりの変化を見せてはくれません。
毎日の積み重ねと効果的なアプローチ法を身につけることが重要となります。

何事も継続するのは困難ですが、くすみのない自分の肌を思い浮かべ、明日から今日から必要なケアを始めましょう。

ここだけ押さえれば大丈夫♪

  • 顔だけくすみはお肌の印象を良くないものにしてしまう
  • くすみ解消のために洗顔やクレンジングを正しく行って汚れをきちんと落とそう
  • 乾燥も大敵!しっかり保湿してくすみケア
  • UVケアは日焼け止めで紫外線のシャットアウトと、スキンケアでのアフターケア両方やろう
  • くすみの原因によっては、血行を浴したり食生活を変えることでくすみを解消できることもある
  • くすみはメイク時のコントロールカラーを選んでキレイにカバーできる
  • くすみケアは日々の積み重ね。毎日しっかり取り組もう

先頭へ

目次へ