更新

【女の参考書 vol.2】野宮真貴さんみたいに歳を重ねたい! 10歳若く見える3つの心がけとは?

野宮真貴 著「赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック」幻冬舎刊

「ピチカート・ファイブ」3代目ヴォーカリストとして一世を風靡し、今もなお音楽・ファッションのアイコンとして輝きを放つ野宮真貴さん。美しすぎるアラフィフ女性の秘訣とは?
野宮さんが歳を重ねても若々しく見えるのは、日頃から3つのことを心がけているからだそう。輝く人生を送っている先輩の生き方は、私たちにとって参考書そのもの!

2017.01.04 更新

♡3,817 views

3つの心がけ


Licensed by gettyimages®

いつまでも若々しく素敵でいたいと願うのなら、おしゃれや美容に気を遣う前に心がけておくべきことがあります。

 

それは「姿勢」「表情」「清潔感」の3つ。

 

どれも少しの努力で改善できることです。この3つを制すれば、確実に10歳は若く見えるでしょう。おまけに〝好感度〟も手に入ります。

逆に言えば、この3つを意識しなければ、どんなにメイクが上達しても、ファッションセンスを磨いても、おばさん度は高まります。

Point 1 〜姿勢〜


Licensed by gettyimages®

歳をとると、筋力が衰え、あごが前に出て背中が丸くなります。これが、〝おばさん体型〟です。太りすぎを気にしてダイエットをする前に、まずは姿勢を正しましょう。正しい姿勢になるだけで、身長が2センチ高くなり、ウエストは5センチ細くなります。バストもヒップも上がり、服を何倍にも美しく見せることができます。

 

正しい姿勢とは、壁を背に立ち、あごを引いて、かかと、ヒップ、肩、後頭部が壁についているような状態です。骨盤は反りすぎないこと、肩はリラックスしてストンと下ろしましょう。横から見ると、耳、肩、下ろした腕が一直線上になっていれば正解です。背中が丸まってきたなと思ったら、姿勢を正す習慣をつけましょう。

 

最近は、美しい姿勢を保つためのインナーも各種出ていますので利用するのも良いでしょう。身体に適度な緊張感を与えることで、正しい姿勢を意識しやすくなります。

 

美しい姿勢によって、自信を持った魅力的な人に見えます。正しい姿勢が身につくと、周囲の反応も良くなるので、次第に本当の自信がついてくるでしょう。

良い姿勢とは自信の表れなのです。

Point 2 〜表情〜


Licensed by gettyimages®

どんなにメイクが上達しても、暗い表情や、怒っているような表情、寂しげな表情では決して美人には見えません。いつでも口角を上げて、他人と目が合った時は微笑みを忘れずに。何でもない日常にも小さな楽しみを見つけて笑顔でいたいものです。楽しいことがなければつくり笑いでもOKです。

 

憧れの女性のひとりであるジェーン・バーキンも言っています。

「Keep smiling-it takes 10 years off !(笑顔を絶やさないこと。そうすれば10歳は若く見えるわ!)」

 

彼女の若い頃の写真を見ると無表情のものが多いのですが、歳を重ねるに従って笑顔の写真が増えていきます。最近では顔をくしゃくしゃにした満面の笑みを見せてくれます。彼女が来日した際にお会いしましたが、本当に笑顔がチャーミングな方でした。その笑顔でまわりが幸せな気持ちになる、そんなパワーがありました。そして笑顔が心と身体のアンチエイジングにも効果があることを彼女を見て確信しました。

 

笑顔だけでなく、驚いたり、困ったり、表情がクルクルと変わるのは若々しい証拠です。年齢と共に顔の筋肉も衰えるので、表情は大げさなくらいでちょうどいいのです(その際にできるシワはこの際気にしません!)。雰囲気(ムード)美人への道は豊かな表情から。顔の造形は表情で十分カバーできるものです。

 

表情の中では笑顔が最強、ということを覚えておきましょう。

Point 3 〜清潔感〜


Licensed by gettyimages®

大人になると清潔を心がけていても、ツヤ感がなくなったり、くすんで見えたりするので、お手入れは欠かせません。年齢のせいで何をするにも億劫になってくるものですが、一生キープすべきものは〝清潔感〟です。無理のないように簡単にできる方法で毎日続けましょう。

 

眉毛、髪、むだ毛、首、耳、鼻、目、歯、口腔内、肌、手、爪、肘、膝、かかと、デリケートゾーンは?

持ち物はどうでしょうか。バッグの中身は大丈夫?

コンパクトのパフは汚れていない?

靴はきちんと手入れしている?

洋服はさっぱりと洗濯され、アイロンが当てられている?

古ぼけた下着を着ていない?

生地の劣化や色あせは大丈夫?

シワ、シミ、ほつれ、毛玉などのダメージはない?

 

私のように50代ともなると、これらのケアを怠ると、思った以上にみすぼらしく見えてしまうので定期的にチェックしなければいけません。

清潔感さえあれば好感を持たれます。

「姿勢」「表情」「清潔感」は若々しくあるための、基本中の基本です。そして心と身体の健康の基本でもあります。毎日この3つの基本を心がけて、ほんの少しのおしゃれテクニックを使えば、あなたはきっと見違えることでしょう。

2017.01.04 更新

♡3,817 views

野宮真貴 著「赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック」幻冬舎刊

この世の女性は、みんな“美人"と“美人予備軍"です。元ピチカートファイヴ、永遠のおしゃれアイコンが教える、カンタンに、効率的に美人になる方法。 「簡単に美人に見えるテクニックをそろそろお教しえしたいと思います。」 ピチカート・ファイヴ3代目ヴォーカルとして一世を風靡し、56歳になる今も、そのスタイル、エレガントさにますます磨きがかかる野宮真貴さんが、美の秘訣を赤裸々に伝授します。

オンラインショップはこちら

このキュレーターの他の記事を見る