Licensed by gettyimages®

寝るだけでキレイになれる!? 寝間着や枕を見直すだけの美人度アップ術

GINGER編集部ビューティ班

良質な睡眠が美と健康に欠かせないのは百も承知。だけど、日々忙しくて、睡眠のことを意識する余裕は正直、あまりない。疲れて帰って、ベッドにバタンキュー、という人も多いでしょう。だったら、寝間着や枕を見直してみるのがオススメ。自分に合った正しいアイテムをチョイスしておけば、毎日何かする必要はなく、睡眠の質を損ねる心配もなし。寝るだけでキレイをアップデートさせましょう。

2017.09.10 更新

♡4,491 views

部屋着で寝るのはNG! 締め付けフリーの寝間着がベスト


Licensed by gettyimages®

スウェットなどの部屋着でそのままベッドに入る人は、やめたほうが賢明です。モコモコする服=摩擦が大きく、寝返りのときに余計な力を使っている可能性大。睡眠の疲労回復効果が妨げられる→眠りの質が低下→美容に悪影響、という負のスパイラルに。特にパーカは最悪で、首まで疲れてしまいます。ゆったりしていて締め付けが少なく、吸湿性や肌触りのいいパジャマがいちばん。締め付けフリーの寝間着を着て寝れば、疲れもしっかりとれて、翌朝、疲れが肌に出るなんてことは減るはずです。

ぴったりの枕で寝るのが、首のシワ予防の最善策

GettyImages-200399400-001
Licensed by gettyimages®

 

枕が合わないという人のほとんどが、高すぎる枕を使っています。枕が高いとあごを引いた姿勢になり、スムーズな呼吸ができず、睡眠の質を落とす原因に。本来、枕のいちばんの役割は、立っているときの自然な姿勢を、寝ているときにも保つことにあります。高めの枕で寝ると、首筋が伸びる感じがして最初は気持ちいいですが、ひと晩寝ると翌朝には首が痛くなることが多いです。

そしてもうひとつ高い枕がよくないのは、首にくっきり横ジワを刻んでしまうということ。横向きに寝たときに、背骨と首がまっすぐ保てる枕が理想です。高すぎる枕は首のシワだけでなく、肩コリ、二重あご、ほうれい線の原因にも。かといって、枕なしで寝るのもオススメできません。横向きになったときに首がねじれて、これまたシワの原因に。逆にいえば、自分にぴったりの枕で寝るだけで、さまざまな美容トラブルを回避できるというわけなのです。

2017.09.10 更新

♡4,491 views

関連キーワード