Licensed by gettyimages®

薄眉が大人可愛い美人眉へ大変身!

GINGER編集部ビューティ班

キレイなんだけど、なんだか顔がぼやけて見えたり、ちょっと幸薄そうに見えたり、さらには年より老けて見えてしまう人っていませんか? その原因、実は「眉」にあるのです。眉って自分が思った以上に表情まで左右してしまう重要なパーツ。そこで今回は、ヘア&メイクアップアーティストの犬木愛さんに、薄眉を生かして大人可愛いふんわり眉にする方法を教えていただきました。

2017.05.17 更新

♡1,388 views

薄い眉毛・before/after

今回は眉全体が薄くて、毛が柔らかく細いタイプを大人可愛いふんわり眉に変身させます。柔らかさを生かしたふんわり眉を作るポイントは、最後に眉尻をリキッドで引き締めること。beforeとafterを並べてみると一目瞭然。beforeは優しいけれど、なんだか顔がぼやけた印象。afterは柔らかさは残しならも顔がはっきりして、印象も強くなりました。犬木さんによると、最後にリキッドで締めることが、可愛くなりすぎずに大人可愛い印象へ変身させるポイントとのこと。今すぐ薄眉を変身させましょう!

薄い眉毛変身法

まずはパウダータイプのアイブロウで眉の薄さを埋めるようにオン(右)。ポイントは眉尻の終点を口角の延長線上に取って、濃いめの色で眉下から眉山の順に描いていくこと。次にブラシに残った少量のパウダーで眉頭を描きます(中)。ブラシを立てて、上に向かって動かすと描きやすいそう。最後に毛のない眉尻をリキッドアイブロウで描き足します(左)。眉尻が引き締まることで大人っぽさをプラス。たったこれだけで、表情まで違って見えるから不思議。やっぱり変身後の方が断然大人可愛い!

薄い眉毛を大人可愛いにするアイテム

今回、変身に使用したアイブロウをご紹介。パウダータイプはエムアイエムシーのミネラルプレストアイブローデュオ 02(¥4,000)。眉の立体感を自然に美しく仕上げる絶妙な2色組みが評判。洗練された知的な印象に見せるダークブラウンは、可愛くなりすぎないふんわり眉を実現。そしてリキッドタイプはスックのフレーミング アイブロウ リキッド ペン02(¥3,000)。眉毛1本1本を繊細に描くのに最適。シアーな発色は自眉にもなじんで上品さをプラス。これで柔らかさをいかした大人可愛いふんわり眉のできあがり。

 

※商品プライスは、すべて税抜価格です。

2017.05.17 更新

♡1,388 views

関連キーワード