MENU

お尻ニキビは治すのが難しい!原因やシチュエーション別のケア方法を知って女性としての自信を取り戻そう!

「気づかなかったことにしたい!」

誰しも目をそらしたくなることの一つや二つありますよね。
中でもお尻のニキビは見た目の美しさを損なうだけでなく、治すのが難しくもあります。

綺麗であるべきイメージが強く、女性としての自信を大きく揺るがしてしまうお尻ニキビ。
原因を知り、それにあったケアを行うことが大切です。

どうしてお尻にニキビができるのか?

お尻を気にする女性

お尻は体のパーツの中でもかなり特殊な状況におかれている場所の一つです。

ショーツの上からパンツやスカートを履くため、通気性が悪く蒸れやすくなっています。

また、デスクワークの人は家だけでなく職場でも座りっぱなしの時間が長くなりますよね。

そうなると、体の重さによる負荷が絶えず与えられ続けることになり、摩擦も増えてしまいニキビができる原因となります。

ニキビと言えば顔を思い浮かべる人が多いかと思いますが、お尻はニキビができやすい環境が整っているパーツなのです。

大きな原因は摩擦と蒸れ

お尻はニキビができる環境が整ってしまっているパーツで、大きな原因となるのが摩擦と蒸れです。

お尻は下着やデスクワークによって摩擦を受けるシーンが多くなります。

摩擦などの外的刺激はお尻の皮膚に影響を与え、ターンオーバー(お肌の生まれ変わりサイクル)を乱してしまいます。
その乱れにより古い角質が残ってしまい、分厚くなった角質が毛穴を詰まらせてしまうのです。

また、外的刺激はお肌のバリア機能や保水力を低下させ乾燥を招きます。
お肌の乾燥から皮膚を守るため、過剰に文保津される皮脂が分厚い角質で詰まりやすい毛穴をより詰まらせやすくするのです。

加えて、通気性の悪さなどによる蒸れは雑菌のかっこうの繁殖場になります。
もちろんニキビの原因菌も蒸れを利用し繁殖します。

お尻に降りかかるニキビの原因となる摩擦や蒸れは、日常生活の中では避けるのがとても難しいですよね。

その避けがたさもあり、お尻にニキビを作る大きな原因となっているのです。

ホルモンバランスの乱れもお尻にニキビができる原因に

摩擦などの外的刺激により、お尻は乾燥からお肌を守るため皮脂を過剰に分泌します。

この皮脂が分厚い角質とともに毛穴を詰まらせ、お尻ニキビの原因となります。

しかし、皮脂の過剰分泌は外的刺激による乾燥だけでなく、ホルモンバランスの乱れによっても引き起こされてしまうのです。

生理前後はホルモンバランスが激しく乱れ、特に生理前は体の調子を整えるエストロゲンも減少してしまいます。

また、偏った生活習慣もホルモンバランスの乱れを招く要因となります。

摩擦や蒸れなどの外的な要因だけでなく、体の内側からもお尻ニキビができる要因は生まれているのです。

原因から考えるお尻のニキビ予防とケア

ウィンドウショッピングをしている女性

お尻ニキビを経験した人なら一度は思ったことがあるかもしれませんが、お尻ニキビって治りにくいですよね。

顔のニキビであれば、引っかいたり擦ったり刺激を与えないように心がけているかと思います。

しかし、お尻は1日のうちかなり長い時間、体重をかけている場面が多いです。
そのため、できたニキビが刺激にさらされ、結果として治りが遅くなるばかりか、悪化し黒ずみの要因となってしまうことも。

治りにくさで有名なお尻ニキビだからこそ、できる前とできてからのお尻ケアが重要になります。

原因ごとにお尻ニキビを作らないためのお尻ケアをご紹介していきます。

摩擦による負担でできるお尻ニキビのケア

美尻を遠ざけてしまう要因の一つである摩擦は、日常生活の中でどうしても避けられない刺激です。

ずっと立っているわけにもいかないですし、歩くだけでも摩擦は発生してしまいます。

なので、無くす避けるではなく、可能な限りお尻への摩擦による負担を減らしてあげることが大切になります。

特にデスクワークをしている場合は、気分転換もかねてこまめに席を立つ。
適度な運動やマッサージで血行を促進してあげるのも有効です。

また、お仕事中や家で座る際、椅子とお尻の間にクッションを挟めばお尻への負担を減らすことにつながります。

なかなか自分でも見る機会の少ないお尻だからこそ、日常的なケアを習慣づけましょう。

蒸れによるお尻ニキビのケア

蒸れは肌へ刺激となるだけでなく、雑菌の繁殖を手助けしてしまいます。
アクネ菌はニキビを作り出す菌として有名ですが、このアクネ菌もお尻の蒸れを利用して繁殖してしまいます。

とはいえ、お尻が蒸れるたびに汗をふき取るというのもなかなか難しいですよね。

そこで、蒸れを防止するために行いたいのが下着選び。

通気性が良く、お肌に刺激を与えすぎない優しい素材のものを着用することでお尻の蒸れを抑えられます。

また、蒸れてしまった後も長時間放置したりせずお風呂に入ってきちんと清潔さを保つようにすれば、仮に濡れてしまったもニキビを予防できます。

暑い夏はもちろん、着込むことで蒸れやすくなる冬も清潔さを心がけましょう。

ホルモンバランスの乱れによるお尻ニキビのケア

ホルモンバランスの乱れを改善していくためには、なんといっても生活習慣を見直すことが大切です。

睡眠不足や偏った食生活、ストレスや緊張状態もホルモンバランスを乱します。

生活習慣を改善し、健康的な生活を送ることが美肌・美尻を目指す第一歩になります。

夜更かししたりせずしっかり睡眠を取り、日常生活で受けるストレスや緊張は運動習慣など自分なりの発散方法を見つけましょう。

また、食生活の面では、脂っこい物甘い物といった美味しい物だけに偏らないようにすることが重要です。

特に皮膚の再生を助け、酸化を抑える効果のあるビタミン類を意識的に摂取するよう心がけましょう。

その他が原因となっているニキビのケア

摩擦・蒸れ・ホルモンバランスの乱れ以外に考えられるお尻ニキビの原因としては、以下のようなものがあります。

  • 乾燥(保湿不足)
  • お風呂の際の外的刺激
  • 体重の増加によるお尻への負荷の増大

座っている時、上半身の体重による負荷は主にお尻へと集中します。

摩擦以外にも直接的な体重によるお尻への負荷は、角質を厚くし毛穴を詰まりやすくすることでニキビの原因となります。

体重の増加が原因となってしまっている場合は、こまめに席を立ち座っている時間を短くしつつダイエットしましょう!

また、乾燥状況に対して保湿が足りない場合やお風呂の際にお尻を強くこすったりボディーソープなどのすすぎ残しがあると、外的刺激によりニキビができることもあります。

お尻を優しく丁寧に洗い上げ、すすぎ残しがないようしっかり洗い流しましょう。

お風呂後などお肌が乾燥しやすいタイミングに合わせ、お尻の保湿も行うとより良いニキビケアとなります。

シチュエーション別、お尻ニキビを治す方法

ビキニ姿の女性のお尻

原因ごとにお尻ニキビの予防とケアについて、紹介しました。

しかし、原因のどれもこれもに思い当たりがあると、どう対処して良いのか迷ってしまいますよね。

通気性が悪く締め付けるようなパンツを履いていると、蒸れるだけでなく摩擦によるお尻への負担も同時に発生してしまいます。

夏に向けて水着を着たいからお尻のニキビを無くしたい。
友達と温泉旅行に行くから見られても恥ずかしくないお尻を取り戻したい。

具体的な目標がある人にとっては、原因を追究しそれぞれのケア方法を試しているヒマなんてありません。

原因を見極めるのが面倒、色んなケアを試すのも面倒。

そんな人のため、シチュエーション別にニキビケアの方法をまとめてみました。

「デスクワークをし始めてからお尻のニキビが気にある」

これまで立っている時間が多い飲食業などのお仕事をしていたけど、デスクワークをし始めてからお尻のニキビができてしまった。

そんなお尻ニキビの原因として考えられるのが、摩擦と蒸れです。

長時間座りっぱなしによるお尻への負担、通気性の悪い服装でお尻の蒸れによる雑菌の繁殖。
どちらか一方のケアを怠るとニキビの治りは遅くなります。

ケアとしてまずは下着選びから。
通気性と伸縮性を兼ね備え、お尻を摩擦と蒸れから遠ざける下着をチョイスするようにしましょう。

次にデスクワーク時。
会社によって規則があるかもしれませんが、デスクにクッションを持ち込み椅子の上に置きましょう。
お尻への負担を減らし、今あるニキビへの刺激も軽減してくれます。

そして、仕事終わりや休日などの時間。
会社ではスーツなど締め付けのある窮屈な格好をしていた分、体がリラックスできるような緩めの洋服を着ましょう。

マッサージや運動など血行を促進するケアを合わせれるのもオススメです。
デスクワーク時の負担を受け続けたお尻の皮膚のターンオーバーを正常にし、ニキビが治りやすくなります。

「ジョギングやエクササイズを始めてからお尻にニキビができるようになった」

キレイな体を保ち作り上げていくためには、ジョギングやエクササイズなどの運動は欠かせないものになっています。

美意識が高い女性ほどこうした運動を日常的に行っているかと思いますが、始めてからお尻にニキビができている。

せっかくキレイになろうと努力しているのに水を差されてはショックも大きいですよね。

ここで考えられる要因としては、やはり雑菌の繁殖です。
汗をかくことによる蒸れ、体が通常より熱を持つことも菌の繁殖を助けてしまうことにつながります。

運動など汗をかいた後は、シャワーを浴びて体を清潔に保つようにしましょう。

湯船に浸かり血行を促進することも、老廃物を排出の一助となり体の内側からキレイになれるのでオススメです。

「生理中よくお尻にニキビができる」

ただでさえ体の調子が落ち込んでしまう生理中にお尻ニキビなんてできようものなら、ショックの大きさも倍増してしまいます。

生理中や生理前後はお尻ニキビができる原因が盛りだくさんな状況ができやくなっています。

生理用ナプキンによる蒸れや摩擦、経血を基にした最近の繁殖、生理によるホルモンバランスの乱れ。

これらすべてがお尻ニキビの原因となり得て、中でもホルモンバランスの乱れが1番大きな原因であると言われています。

生理は毎月やってきますので、生理によるニキビは日頃からのケアが重要になります。

通気性が高く摩擦の少ないシルクなどの天然素材の下着で、蒸れと摩擦をお尻から遠ざけるようにしましょう。

また、日常的にホルモンバランスを整えるような生活習慣を心がけることで、生理によるニキビを改善していけます。

ビタミン類を豊富に含む野菜・海藻類を積極的に摂るようにし、睡眠不足にならないようしっかり眠り、ストレスを溜めこまない生活を送りましょう。

中でも睡眠はホルモンの分泌に大きく関わります。

ニキビの予防・ケアだけでなく、美肌を目指すためにも睡眠はしっかり取ってくださいね。

番外編。どうしてできたのかよくわからないお尻ニキビの治し方

ビキニ姿で砂浜に座る女性

これまで原因別・シチュエーション別にお尻のニキビケアについてまとめてきました。

しかし、それでもお尻ニキビの原因がわからなかったり、逆に当てはまる原因が多い場合、お尻ニキビに効果的な方法をすべて試すしかないのでしょうか。

もちろんすべて試すのも一つの手ではあります。
けれど、手探り状態でのニキビケアは治るのかどうか、早く治るのかどうかと不安が付きまとうものです。

特に、「この夏水着を着こなしたい」と具体的な目標を持っていると、その不安は重く圧し掛かってしまいます。

そこで、どうしてできたのかよくわからないお尻ニキビを治す方法として、薬用のスキンケアアイテムを使う方法があります。

お尻ニキビは日々の習慣でできるため、原因となる習慣を改善しなければ根本的な解決にはなりません。
とはいえ、今できているニキビを治すのには、とても有効な手段です。

ご紹介した蒸れや摩擦など日常で出来るニキビ予防・ケアと合わせ、お尻ニキビに効果的なスキンケアアイテムを併用してみましょう。

根本的な解決を図っていくとともに、薬用のアイテムがしっかりとお尻ニキビに働きかけつるつるの美尻へと導いてくれます。

まとめ-女としての自信を失わないためにも-

お尻って顔や脚など目に止まりやすいパーツよりもケアを怠りがちですよね。

そのツケが回ってきた結果がお尻ニキビとなって現れてしまいます。

普段人目に触れない部分ではありますが、デスクワークで座る時にお尻が痛いし、触った時に残念な気持ちが広がります。

何よりお尻にぶつぶつがあることは、女性としての自信を大きく揺るがしてしまう事態です。

女性としての自信を失わないためにも、海やプール、温泉を気がねなく楽しむためにもお尻のニキビをしっかりとケアするようにしましょう。

ここだけ押さえれば大丈夫♪

  • お尻はニキビの原因と隣り合わせ。中でも摩擦と蒸れが大きな原因
  • デスクワークなど座っている時間が長い人ほどお尻ニキビができやすい
  • 摩擦によるお尻ニキビのケアには、クッションを利用するなどお尻への負担を減らすことが大切
  • 蒸れによるお尻ニキビのケアには、通気性・低刺激性な下着を選ぼう
  • 生理時はお尻ニキビの原因がいっぱい。日頃からお尻をケアすることが大切
  • お尻ニキビへは薬用のスキンケアアイテムも有効

先頭へ

目次へ